NEC Green Rockets

NEC orchestrating a brighter world

NEC SPORTS.NET

 
 

NEWSNECグリーンロケッツ ニュース

カテゴリー一覧

月別アーカイブ

2012/12/17

試合レポート

トップリーグ2012-13 第11節 ヤマハ戦~ラスト20分に4連続トライを挙げてボーナスポイント獲得も、グリーンロケッツ、ヤマハに完敗~

  

 上位浮上のためには絶対負けられないヤマハ発動機ジュビロ戦。
 しかし、NECグリーンロケッツは、負傷でFWの突破役FLニリ・ラトゥとエースのWTBネマニ・ナドロを欠く苦しいメンバー編成に。ウィンドウマンス明けに連勝した勢いを止めないためにも、残るメンバーの奮起が求められた一戦だった。
 前半、風上に立ったグリーンロケッツがキックオフを蹴り込む。が、風に乗ったボールは直接タッチを割って、ヤマハボールのセンタースクラムに変わる。
 ヤマハは右サイドにFB五郎丸歩を走り込ませるが、グリーンロケッツは冷静に対処。ヤマハにボールを継続されてもゲインはさせず、ノックオンを誘ってマイボールのスクラムを獲得した。
 しかし、今度はグリーンロケッツがサイドアタックを仕掛けたところでノックオン。
 次の3度目のスクラムではグリーンロケッツFWが奮起。ヤマハにプレッシャーをかけてボールを奪い返し、ラックからCTBアンソニー・ツイタヴァキを走らせる。さらにラックを作ってNO8土佐誠が突進。だが、このボールを生かせずにペナルティを取られて、最初のチャンスが潰えた。



 続くラインアウトからヤマハFWが近場をついて前進。グリーンロケッツもこぼれ球に素早く働きかけたが、ここでもペナルティを取られてボールを奪い返せない。
 この立て続けの反則が、まだ定まりきっていなかった試合の流れに大きな影響を及ぼした。
 ヤマハは、ラインアウトから連続攻撃に持ち込んで防御を左右に揺さぶる。少しずつ前進を許しながらも対応していた防御は、CTBシアレ・ピウタウに斜めに切れ込まれて大きく崩れ、最後はWTBソ・キルリョンがインゴールに躍り込む。左端からの難しいゴールを五郎丸が決めて、前半7分、グリーンロケッツは0―7とリードを許した。
 続くキックオフ。ヤマハは、自陣からアタックを仕掛ける。
 グリーンロケッツはラインディフェンスを崩さずにこれに対応。ヤマハが何度もボールをリサイクルして手を変え品を変え繰り出すさまざまなオプションを、緑の壁で跳ね返す。時間にして3分近く続いた攻撃で、ヤマハが前進したのは自陣22メートルから10メートルまでのわずかな距離。そして、業を煮やしたようにNO8モセ・トゥイアリイが近場に走り込んだところでボールを落として、スクラムとなった。



 身上の防御で相手のチャンスの目を摘んだグリーンロケッツは、ここからしつこく攻撃を継続。ラックからCTB田村優→ツイタヴァキ→WTB山下祐史とパスをつないだところに、大外で待っていたPR瀧澤直がいいスピードで走り込んで大きく突破。ゴールラインに迫る。しかし、トライ目前のラックでノックオンがあってトライには至らなかった。
 それでも17分にはFL細田佳也のパスを受けたFB大東功一が抜け出してゴール前に迫る。今度はラックから出たボールを、SO森田洋介が左サイドのWTB釜池真道にキックパス。だが、ボールは相手の手に入って、これもまたトライには結びつかなかった。
 同点に追いつくチャンスをつかみながらも生かせないグリーンロケッツとは対照的に、ヤマハはワンチャンスを得点に結びつける。
 18分にトゥイアリイがタッチライン際を快走してグリーンロケッツ陣内深く攻め込み、そこから連続攻撃。PGチャンスを得ると、20分に五郎丸が決めてリードを10点に広げる。
 さらに23分にもPGを加えたヤマハは、30分にグリーンロケッツのラインアウトをターンオーバー。連続攻撃に持ち込んで、ピウタウがトライ(ゴール)。点差を20点に広げると、さらに2トライ1ゴールを加えて前半で4トライ以上のボーナスポイントをゲットした。
 20分過ぎからのグリーンロケッツは、不安定なラインアウトに加えてブレイクダウンでも劣勢に立たされ、有効な反撃を仕掛けることができない。しかも、ヤマハのインパクトプレーヤーに突破を許して傷口を大きくした。
「前半のパフォーマンスには失望した」と、グレッグ・クーパーHCは試合後に話したが、ハーフタイムを迎えた段階で3連勝に暗雲が漂った。



 そして後半のキックオフ。ヤマハが蹴り込んだボールを森田洋が蹴り返す。ここまでは予定されたプレー。しかし、これを捕球したトゥイアリイにそのまま一気に走られ、最後はLOトーマス優・デーリックデニイにトライを奪われる。
 勝敗という点では、このノーホイッスルトライがトドメとなった。
 グリーンロケッツは4分にツイタヴァキが卓越した個人技でトライを挙げてようやくスコアボードに数字を刻んだが、8分にはヤマハSO大田尾竜彦にラインブレイクを許してピウタウにトライを奪われる。
 この時点で、グリーンロケッツは「4トライを奪ってボーナスポイントを確保」に目標を切り替えて、遮二無二反撃に出た。
 後半開始から入ったSH西田創とLO村田毅が、森田洋に代わってCTBに入った森田茂希が、積極的にタテに走ってチャンスを作り出す。
 それが実を結んで、19分にキャプテンのLO浅野良太がトライを奪うと、24分には途中出場のWTB窪田幸一郎が、35分にも釜池がトライを追加。トライ数を何とか4に伸ばしてボーナスポイントを確保。さらに終了直前の38分にも浅野がトライを奪い、田村がすべてのゴールキックを決めて35―46と11点差まで追い上げた。



 まったくの結果論だが、前半終了直前に奪われた自陣インゴールでのノックオンを押さえられたトライ、後半開始直後のノーホイッスルトライ――この2つの不用意なトライを防いでいれば点数はグリーンロケッツが上回ったことになる。あるいは、そのうちの1つだけでも防いでいれば、勝ち点をもう1ポイント上積みすることができた……。
 こうした“たら、れば”を語りたくなるほど、崩れた時間帯のグリーンロケッツは脆かった。早い時間帯に大きなダメージを受けた結果、反撃できるポテンシャルがありながらも、それが遅きに失したことが悔やまれるのだ。
 浅野キャプテンが無念の表情で振り返った。
「前半は反則やラインアウトのミスで自らゲームを壊してしまった。先制トライを奪われてからのディフェンスが上手く機能して相手からボールを奪ったのに、そのあとでミスが出てトライを取れなかった。いずれもシーズン前半に出た課題で、ウィンドウマンス明けの後半節に入って修正できていたのに……。それが、本当に残念です」
 これでグリーンロケッツは勝ち点22で、前節終了時点と順位は変わらず10位のまま。前日にNTTコミュニケーションズシャイニングアークスがサントリーサンゴリアスに敗れて9位浮上のチャンスが巡ってきたのに、それを生かせなかった。
 次節は、秩父宮に戻ってのキヤノンイーグルス戦(22日14時キックオフ)だ。
 今季初めてトップリーグに昇格したキヤノンは、これまで勝ち点19で11位と健闘して、グリーンロケッツの真下で浮上のチャンスを狙っている。
 つまり、次節は、10位というワイルドカードトーナメント出場権をかけた「決戦」なのである。
 試合後に予定されているファン感謝イベントに胸を張って参加するためにも、求められるのは勝ち点5の勝利。そして、日本選手権への階段へと確実な一歩を踏み出すことだ。
 取材・文:永田洋光
 
 
 


 平年より高い気温だったとはいえ、吹きつける強風にさらされながら、ベンチからじっと戦況を見つめていた。前半立ち上がりには機能していた防御が少しずつ崩れ始め、反撃に出てもミスが生じてスコアボードはゼロのまま。そんな試合展開に、「グラウンドに立ちたい」という思いだけがどんどん募る。
 前半の40分間。ベンチではリザーブの7人がどうすれば苦境を脱出できるかを話し合っていた。
 「もっとタテに」。それがリザーブ7人の結論だった。
 後半立ち上がり。まずSH西田創とLO村田毅がピッチに入る。
 10分後には権丈太郎が土佐誠に代わってNO8に、その2分後には田中光に代わってPR土井貴弘が入る。
 それから2分後、やっと森田茂希に出番が巡ってきた。
 スコアは7―46。まず目指すのは「あと3トライ」。そして、次に「7点差以内」。そうやって1つひとつクリアした先に、不可能と思われた勝利がぼんやりと見えている。
 だから、森田は積極的にタテに走り込んだ。
 ヤマハ防御を切り裂き、失速しかけていたグリーンロケッツに、推進力をもたらした。
 それが、後半19分からの4連続トライに結びつく。いわば、薄れかけていたチームの闘争心に、もう一度火をともしたのが森田たちリザーブの投入だったのである。
「今日はニリ(・ラトゥ)もいないし、相手防御をタテに切り裂くプレーが出ていなかった。サインプレーも、味方の背中を通す“裏”ばかり使っていて、タテに走り込む“表”のプレーがなかった。だから、前半はみんなで“入ったらインパクトのあるプレーをしよう”と話し合っていました。プレーした時間は30分にも満たないけど、自分を含めてリザーブが入ったことで流れを変えられたのは収穫と言えるでしょう。とにかく、シンプルに“表”のプレーで勝負しようとだけ、考えていました」
 森田がリザーブに回ったのは、第7節の東芝ブレイブルーパス戦から。当初は、リザーブとしてのウォーミングアップ方法を知らずに先発のときと同様に準備していた。しかし、その結果は「まったく足が動かなかった」。
 今ではバックスラインの控えとして戦況を見つめ、首脳陣から声がかかるタイミングを見計らいながら、体の準備を整える。
 入社7年目の森田は、今、チームを支える中堅としてベテランと若手をつなぐ潤滑油の役割も果たしているが、その胸には常に「試合に出たい、出たい」という思いが渦巻いている。
「(試合に出たいという)気持ちが薄れたら、その時点でもう終わりですから」
 レギュラーシーズンの残りはあと2試合。募る一方の“出場欲”を満たすには、ワイルドカードトーナメント出場が、そして、その先の日本選手権出場が必要不可欠なのである。
 

NEWS一覧

RESULT

最新の試合結果

トップリーグ 

NEC
グリーンロケッツ

vs

リコーブラックラムズ

NECグリーンロケッツ

リコー

12 0 - 12 26
12 14
T G PG DG   T G PG DG
0 0 0 0 2 1 0 0
2 1 0 0 2 2 0 0
2 1 0 0 4 3 0 0

2020/02/22 11:30

東京・秩父宮ラグビー場

試合詳細