NEC Green Rockets

NEC orchestrating a brighter world

NEC SPORTS.NET

 
 

GAME SCHEDULE試合情報

プレーオフトーナメント

vs 豊田自動織機シャトルズ

NECグリーンロケッツ vs 豊田自動織機シャトルズ
25 10 - 7 24
15 17
T G PG DG PT   T G PG DG PT
1 1 1 0 0 1 1 0 0 0
2 1 1 0 0 2 2 1 0 0
3 2 2 0 0 3 3 1 0 0
大会名 プレーオフトーナメント
日時 2021/04/17 12:00KO
会場 大阪・東大阪市花園ラグビー場

Comment

グリーンロケッツ、終了直前の逆転PGで豊田自動織機を破り、今季初勝利!


雨のなかで、NECグリーンロケッツが今季の命運をかけたキックオフを蹴り込んだ。
負ければ終わりのプレーオフトーナメント1回戦。
3月13日の日野レッドドルフィンズ戦が雷雨のために開催が1週間延期となった影響で、同20日の日野戦から数えてこれで5週続けての試合となる。しかし、立ち上がりからグリーンロケッツは、豊田自動織機シャトルズ陣内に居座り、FL大和田立のタックルとNO8ジャック・ラムのジャッカルでペナルティを得て、8分にSOアレックス・グッドがPGを決めて3―0と先制した。
さらに14分には、グッドのハイパントでゴール前5メートルスクラムのチャンスをつかみ、そこからアタック。最後はグッドが、相手防御に接近したCTBマリティノ・ネマニにギリギリのタイミングでパスを通してネマニがトライ。グッドがコンバージョンを決めて10―0とした。
しかし、次のリスタートを受けたラックでボールを奪われて、一転して防御の時間が訪れる。
豊田自動織機は、ラインアウトからのモールにこだわり、グリーンロケッツFWは圧力を受けて反則を繰り返すことに。22分には、トライ寸前の豊田自動織機WTBリサラシオシファを大和田がタッチに押し出してガッツポーズ。ゴールラインを背負いながらも懸命の防御を見せたが、27分にトライを奪われ(コンバージョン成功)、10点差は3点差へと縮まった。
その後のリスタートで一度はボールを確保したが、ハーフウェイライン付近で反則を犯すと、ふたたびモールで攻め立てられる。33分過ぎからは5分以上にわたってゴールラインを巡る攻防が続いたが、最後の最後に豊田自動織機の落球を誘い、リードを保ったまま、ハーフタイムを迎えた。

後半も、ペナルティからピンチを迎える展開になり、43分にモールを押し込まれてトライを奪われる。
グリーンロケッツも、次のリスタートのキックオフからプレッシャーをかけて豊田自動織機の反則を誘い、お返しとばかりにモールを押し込み、HO佐藤耀がトライ。しかし、グッドのコンバージョンが外れて、15―14とリードは1点に縮まった。
その後も、グリーンロケッツはモール防御を修正できず、反則からゴール前へと攻め込まれ、56分にトライを奪われ、コンバージョンも決められて、15―21と逆に6点差を追う展開に。豊田自動織機の執拗なモール攻撃に苦しむグリーンロケッツは、70分にもPGを追加されて、ついにワンチャンスではひっくり返らない9点差となる。
この絶望的な状況を救ったのが、次のリスタートのキックを忠実に追ったWTB飯山竜太だった。
豊田自動織機がミスしたボールを拾ってゴール前に迫り、ビッグチャンスを作り上げ出す。そして、防御に手を焼きながらも、73分にCTBベンハード・ヤンセ・ヴァン・レンスバーグがタックルをふりほどいてトライを挙げ、グッドのコンバージョンで2点差に迫る。さらに次のリスタートでは、自陣の防御で途中出場のFLカイ・ストロームがジャッカルを決めてボールを奪い、40分にグッドが逆転PGを決めて、ついに逆転!
最後を懸命に守って、今季初勝利を挙げ、次週の2回戦にコマを進めた。

試合一覧へ戻る

ロケッツクラブ入会案内

プレーオフトーナメント 試合一覧

2021/04/17 豊田自動織機シャトルズ ○ 25-24

2021/04/24 サントリーサンゴリアス ● 31-76

RESULT

最新の試合結果

プレーオフトーナメント

NEC
グリーンロケッツ

vs

サントリーサンゴリアス

NECグリーンロケッツ

サントリー

31 5 - 36 76
26 40
T G PG DG PT   T G PG DG PT
1 0 0 0 0 6 3 0 0 0
4 3 0 0 0 5 4 1
5 3 0 0 0 11 7 0 0 1

2021/04/24 14:30

東京・秩父宮ラグビー場

試合詳細