2018年度勇退選手のメッセージ・贈る言葉 - 榎 真生 -

2019/02/19

グリーンロケッツでの一番の思い出は?
  社会人一年目で世界学生選抜に選ばれ、プレーできたことが一番の思い出に残っています。
 
「NECグリーンロケッツ」はどのようなチームでしたか?
  みんなすごく仲が良いチームだと思います
 
チームメイトへのメッセージ
  今までありがとうございました。これからもグリーンロケッツを応援しています。
 
ファンの方へのメッセージ
  まだまだプレー出来る年齢の中、チームを去ることになりました。
NECを応援してくれた人、僕個人を応援してくれた人、たくさんのご声援ありがとうございました。そしてこのような形で皆様の期待を裏切ってしまい、申し訳ない気持ちと悔しさでいっぱいです。
試合が終わった後のグリーティングでファンの皆様と喜びを分かち合うのが何よりの幸せでした。会場前で試合後にいろんな人たちと他愛のない話をするのがとても楽しかったです。
これから何をするかはまだ決まっていませんので、ゆっくり決めていこうと思います。
今まで本当にありがとうございました。
 
榎真生選手へ・宮前勇規選手から贈る言葉
  
    
 

榎と初めて出会ったのは大学3年の時の菅平でした。
もともと高校から有名な選手で名前は知ってたけど、予想以上にでかかったのがすごい印象に残っています。腹とかめっちゃ出てたし!笑

試合ではスクラムで認定トライをとられたり、ボールを持ったら止められへんくて、めちゃくちゃすごかったことを今でも覚えています。

榎は関西でも有名人でした。
なぜか、榎はめちゃくちゃやばい奴という噂が流れてきてて、もはや本当なのか嘘なのかもわからない話を沢山聞いていたので、やばい奴と同じチームになってしまったと思っていました。笑
実際はクセが強いだけで、やさしくて純粋ないい奴やったし、同期の中では一番一緒にいることが多くて仲良かったのかなと思います。

二人で柏、二人で上野、梅田のたこ焼き、家族でBBQ、後藤と三人でゲーム、練習一緒に寝坊、聞かれても答えられないゲームターゲット、押し入れに隠れる、犬が舐める。
沢山の楽しかった思い出があるし、榎には本当にお世話になったと思います。

試合中もチームにとって頼もしい存在で、ピンチの時に出てきてスクラムターンオーバー、倒れないボールキャリー、何回も抜けたピック、全然頑張ろうとしないフィットネス。笑
どのプレーも他の人とは違う榎らしさが出ていてすごいなと思っていました。

この先どんな道に進むかはまだ決めてないみたいやけど、みんな仲間やし、榎の事を応援していると思います。
どこへ行っても関係は変わらないと思うので、また遊びに行こう。
6年間ありがとう、お疲れ様でした。







 

アーカイブ