我孫子市立我孫子中学校・久寺家中学校1年生の職場体験学習を実施しました

info_category5.gif2018/08/24

 8/23(木)、我孫子市立我孫子中学校の1年生9名と久寺家中学校1年生2名が、グリーンロケッツのスタフ業務を体験しました。





 朝7時30分からのチーム練習に帯同し、トレーナー業務のお手伝いや個人練習のサポートをしていただきました。練習が終わるとクラブハウスでアスリート食を体験し、一緒に食事をした森田キャプテン、釜池選手、松浦選手、亀山宏選手、松村選手から、中学時代の学校生活や部活動などの話しをしてもらい熱心に聞いていました。



 食事が終わるとクラブハウスを見学し、宮尾コーチの分析業務、グレッグコーチとマナセ通訳の業務内容の説明が行われました。ストレングス&コンディショニングの南コーチからは、グリーンロケッツの選手も実施しているトレーニングの内容を説明し、体験してもらいました。アスレティックトレーナーの業務体験では、トレーナーの高崎さんと田口さんからテーピングについての説明が行われ、生徒さんにもテーピングを巻いてもらい「むずかしい、うまく切れない」など、一生懸命に体験していだきました。







 練習で使用する用具類やジャージなどの管理、合宿や遠征の手続き、試合会場での応援グッズの企画や制作など、裏方で働いているマネージメントスタフの業務内容の説明も行い、天然芝と人工芝でボールやタックルバックを使い、ラグビーの実技体験も行われました。



 最後に、グリーンロケッツの選手が練習や試合ができることは、メンバーズガイドに掲載されているスタフだけではなく、芝生やクラブハウスを管理していただいている裏方の皆さん、食事を作ってくれる方や応援してくれる皆さんのおかげです。この職場体験学習を通じて感謝の気持ちを再認識し、これからの学校生活や部活動に取り組みましょうと伝え、今回参加した11名の生徒さんは大きな声で「はい!ありがとうございました」と言って帰宅しました。
 

アーカイブ