2017年度勇退選手のメッセージ・贈る言葉 - 森田 茂希 -

info_category3.gif2018/02/02

グリーンロケッツでの一番の思い出は?
  12年間このチームでプレーしたこと。
最高の仲間に出会えたこと。
書き切れないほど、全てが思い出。
 
「NECグリーンロケッツ」はどのようなチームでしたか?
  ラグビーにだけは『真面目』で『ひたむき』に取り組む集団。
 
チームメイトへのメッセージ
  試合に出る。出ない。体の調子が良い。良くない。など、自分ではコントロール出来ないこともあるけど、チームの為、仲間の為に体を張り続けることは選手の義務であり、持ち続けなければいけないこと。その気持ちを背負って試合に出るメンバーが戦う。この気持ちがあれば、もっと良いチームになり、それが良い組織に必ず繋がる。
いつか引退する時まで、自分の信念を持ち続けて頑張れ!『前進あるのみ!!』
 
ファンの方へのメッセージ
  12年間、ありがとうございます。数々の激励会、慰労会をしていただき、感謝の言葉しかありません。
皆さんの支えが無ければ、ここまでラグビーを続ける事は出来なかったと思います。
ラグビー人気がもっと増えて、サッカーや野球に負けないくらい盛り上がれるように、今後も皆さんの力を貸して下さい。よろしくお願いします。
 
森田茂希選手へ・釜池真道選手から贈る言葉
  
    
 

毎年あるこの贈る言葉。シゲさんの時は絶対僕やと思って3年前から考えていました。
それなのに気付いたらえらいおっさんになるまでやっていましたね。アザブのおかげですね。

シゲさんは、高校の大先輩で僕の中ではずっとレジェンドでした。
高校時代何度もシゲさんのプレイをビデオで見ては真似しようとしていました。
そんなしシゲさんとNECで一緒にプレイする事になった時は嬉しさ反面、不安でもありました。
何故かと言うと高校時代の先輩は皆、シゲさんの理不尽な暴力に恐れていたからです。(笑)
しかし、いざ入部してみると噂のシゲさんでは無く、啓光の後輩と言うことで何かと面倒を見てくれる優しい先輩でした。

シゲさんは怪我でグラウンドにいることは多くは無かったのですが、いつも試合に出たらそのセンスと閃きで、皆を驚かし喜ばしていました。グラウンドを離れても、その溢れんばかりの漢気で、幾度となく問題を起こしては皆を驚かし喜ばしていました。そんなサプライズ好きのシゲさんが最後の試合で友人達からサプライズにあっていたのが僕は嬉しかったです。シゲさんらしい最後やなと思いました。

入社してから9年間。振り返ると啓光の大先輩であり、同じCTBだったシゲさんとはほんとにたくさんの思い出があります。
パトロール隊でカメラマン役をさせられたことや酒で潰れたシゲさんを連れて帰るつもりが、共倒れになり、京都からお母さんがかけつけたこと。
モソのお祝いムービーの撮影で買ったばかりのモリヨウの車を凹ませたこと。三田のマムシに絡んで説教くらったこと。
尊敬していた大先輩に連れられて、一緒に泣き、笑い、時には怒られ、時には一緒に酒に潰れたこと。
全て一生の思い出です。

これからは、ロッカーの横でグチグチいつも文句言いながら用意しているシゲさんがおらんのは寂しいですけど、シゲさんが残してくれたモノ、教えてくれたモノ、後輩たちに繋いでいけるよう頑張って行きます。
シゲさんも全く新しい世界で四苦八苦するとは思いますけど、たまにはグラウンドに顔を出してくださいね。

本当に12年間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
KAMA

 




アーカイブ