【グリーンロケッツ新人座談会】その2 BK編

info_category3.gif2017/06/07

【グリーンロケッツ新人座談会】その2 BK編

  選手名 ポジション 身長/体重 出身校
山崎翔
(やまざきしょう)
CTB 175cm/91kg 國學院久我山高校→専修大学
金村良祐
(かねむらりょうすけ)
CTB/SO 177cm/88kg 常翔啓光学園高校→帝京大学
飯山竜太
(いいやまりゅうた)
WTB 176cm/83kg 國學院久我山高校→帝京大学
 

自分の持ち味を生かすために、
今は必死にチームの戦い方を学びたい!


――まず、それぞれの自分のポジションと強みをアピールしてください。


山崎翔 ポジションはCTBで、力強さが自分の強みだと思っています。
 僕は、子どもの頃から我孫子グラウンドでプレーしたり、クラブハウスを見ていて、NECに憧れがありました。大学のときも、コーチングスタッフに大東毅さんや岡野清紀さん、肥後隆之さんがいらっしゃって、すごくお世話になりました。それもさらに憧れるきっかけになりました。
 僕は今、ケガ人でリハビリ中ですが、早くケガを治してラグビーをやりたいと思っています。
 大学の頃から、トップリーグに挑戦したい気持ちは持ち続けていました。もちろん、入学したときはレベル的にとても無理だと自覚していたので、4年間、自分なりに努力もしました。ラグビーをやる以上、中途半端な環境より、厳しいトップリーグが自分に向いていると思っていました。

金村良祐 
ポジションはSO、CTBです。
 自分の強みは思い切りのいいアタックです。そこは、自信があります。
 僕も、大学に入ったときからずっとトップリーグでプレーしたいと考えていました。もちろん、トップリーグは日本国内の最高峰なので、そう簡単には行けないだろうと思っていましたが、行くチャンスがあれば絶対に行きたかった。ですから、声をかけていただいたときにすぐに決断しました。ラグビーで、行けるところまで行きたい、という気持ちですね。
 今は、トップリーグのレベルにチャレンジできていることがすごく幸せです。シーズンに入って、トップの選手とやり合えることを楽しみにしながら、頑張っているところです。

飯山竜太 
ポジションはWTBで、外側でのランと、声が大きいので外側から指示を出すことが得意です。
 トップリーグでは、体の大きな外国人選手とも対戦することになりますが、僕は体があまり大きくありません。でも、大学のときからチームメイトも対戦相手も体の大きい選手がほとんどでしたから、外国人選手と対戦することに戸惑いはありません。もともとあまり相手の大きさを気にしないタイプですし、子どもの頃からラグビーをやっていて、怖いと思ったことはありません(笑)。鼻骨の骨折は何度か経験したので、あの痛みを恐れる気持ちは確かにありますが、それと相手にコンタクトすることはまったく別で、恐怖心はないですね。
 それから、僕は、茨城県守谷市の出身で、常総ラグビースクールに通っていたので、子どもの頃は、この我孫子グラウンドで年に何度か試合をしていました。選手のみなさんに教えていただきながら練習をしたこともあります。ちょうどチームが優勝した頃で、こういうチームで活躍したいと思った、憧れのチームがNECでした。

山崎 
箕内(拓郎)さんが活躍していた頃ですね。
 僕も、東京都葛飾区出身で、よく我孫子ラグビースクールとの練習試合を、このグラウンドでやっていました。飯山とは、中学生時代に、ここでスクール同士の試合で戦ったことがあります。それに、飯山と松村は、國學院久我山高校でいっしょだったので、まさか社会人になって同じチームでプレーするとは思いませんでした(笑)。

飯山 
確かに久我山出身が3人揃ったわけですが、僕の場合は、金村と亀井亮依も帝京大学の同期なので、入るのが非常に楽しみでした(笑)。

金村 
僕も、亀井が常翔啓光学園高校でいっしょでしたから、同じ高校、同じ大学の仲間といっしょに入った感じですね。

――学生時代に、ラグビーを通じて、どういう部分で自分が成長できたと思いますか。

飯山 
帝京大は、高校ラグビーのスター選手が多く集まるので、2学年上の先輩が卒業して自分にチャンスが巡ってくると思ったときに、花園で活躍した1年生が入学してきて、いきなりポジションを取ったときはすごく悔しい思いをしました。でも、悔しいから何もしないというのは、自分自身、納得できないしシャクだったので、では自分にはどういう良さがあるのかを考えました。
 そのとき考えたのは、レギュラーの選手が持っていない部分を伸ばそうということでした。
 本来は、自分が持っているものを伸ばそうとするのかもしれませんが、他の選手が持っていないものを自分が身につければ試合に出られるだろうという発想でした。そして、見つけたのが、体の強さ。ハンドオフも、その頃に覚えました。言葉で説明するのは少し難しいのですが、いい意味で“できない自分”に諦めをつけて、新しい可能性を自分のなかに見つけようとしたわけです。そして、できる部分は、100%できるようにしようと考えました。



金村 
僕も、3年生までは、同じポジションの先輩をなかなか抜けなくて、ずっと悩んでいました。でも、ここで諦めたら終わりだとは思っていて、毎日一所懸命諦めずに努力を続けていれば、必ず結果は出ると自分に言い聞かせていました。
 おかげで4年生ではレギュラーをつかむことができましたが、それまでの3年間はすごく悩みました。その分、壁になっていた先輩たちと、トップリーグで対戦するのが楽しみですね(笑)。



 

山崎 僕は、高校時代に春の関東大会で肩を脱臼して、3年生のときに半年ぐらいプレーできなかった時期がありました。その間に下級生のいい選手が僕のポジションに入って活躍しました。ようやくグラウンドに復帰してから、僕はレギュラーを取り返そうと努力したのですが、努力すればするほど、どうすればいいのかわからなくなって、周囲の人間ともギクシャクするようになってしまった。結果的に僕はメンバーに入れず、花園にも出場できませんでした。
 そのときはすごく悔しかったのですが、でも、大学で這い上がろうと、決意しました。
 大学では、ほとんど2部リーグでのプレーでしたが、這い上がることだけを考えていました。その頃は、体の強さはありましたが、強みを伸ばすというよりも、スキル的な部分が弱みで、レベル的にひど過ぎたので、最低限のレベルまでスキルを上げようと努力しました。その結果、1年生から試合で使ってもらえて、2年生のときには入替戦で勝って1部でプレーすることができました。そのときに、自分がけっこう通用する手応えがあったので、少し自信がつきました。
 今、NECに入って、これからもっとスキルを伸ばそうと考えています。まだまだ下手な部分が多いので、レベルの高い環境でいろいろなことを学び、とにかくチャレンジして、レベルの高い自分を作り上げて、いつかは必ずトップでプレーしたいと思っています。



金村 
スキルの面では、やはり自分も、まだまだだと思いますね。練習で先輩たちのプレーを見ていても、体の使い方が全然違う。体づくりでも、外国人選手と対戦することが多くなると思うので、それに耐えられるようにしっかりと体を作らないといけないし、さまざまな経験を積み重ねながら、活躍できるようになりたいです。
 実際、練習で外国人選手の体の使い方やスキルを見ていると、吸収できる部分がたくさんあります。しかも、練習のなかで直接体をぶつけられるので、吸収したことを試す経験も積めますし、それを試合でどれだけできるか試しながら、自分に何が足りないのかを見つけていきたい。その上で努力して改善できれば、成長できると思います。

飯山 
NECには、いろいろな特性を持ったWTBがいるので、刺激になっています。そのなかで僕のいいところが通用することもありますが、他の部分で違う強さを持った先輩たちがたくさんいる。そういう環境で練習していて、「こういう強みもあるんだ……」と毎日感心しているような状態です。率直に言って、驚いています(笑)。
 もちろん、自分のプレーに関してはまだまだですが、僕のこの走りなら通用するけど、このスキルはまだ足りないというように、自分のなかでは案外バランスが取れています。もちろん、客観的に見れば、まだ全然ダメですが、たとえばステップを切らずに直線的に走るような自分の持ち味を伸ばせば、何とかやっていけるのかな、とは思っています。
 ただ、一番重要なパスとかキックというスキルがまだまだ上手くできない――というのは正直に告白しておきます(笑)。

――お互いにそれぞれの個性をどう見ていますか。

山崎 
金村は、オン、オフの切り替えがしっかりしています。練習をやるときは、集中してやりますし、休みのときは、みんなで楽しもうという雰囲気を作ってくれる。僕も、オンとオフの切り替えはすごく大事だと思っていますが、そういう空気を率先して作ってくれるので助かります。
 飯山とは、高校の頃からいっしょに電車通学していたぐらい長い付き合いです。どんなことにもすごくまじめに取り組むし、自分のことだけではなく、周りのこともしっかり考えてくれるので、そういう点はすごいと思います。

金村 
僕から見ると、山崎と飯山は、すごくまじめで、いろいろなことにすごく気が利きます。伝達事項も、こまめに連絡してくれます。人に合わせるのも、とても上手い。関西人の僕から見てもノリが良くて、僕が話を振ってもすぐにリアクションしてくれます。そういう意味で、違和感がないですね(笑)。

飯山 
山崎とは高校3年間、金村とは大学の4年間、ずっといっしょでした。
 山崎は、試合中に自分のやりたいプレーをやりながら、僕がやりたいプレーもわかってくれる。ここはパスをくれ、というときにはパスしてくれますし、パスではなくて山崎に行って欲しいと思う場面では、「じゃあ、オレは好きなことをやるぞ」みたいな感じで行ってくれます。とてもラグビーをやりやすい仲間です。
 金村は、痛いプレーを恐れずに、人が嫌がるような状況でも自ら行ってくれます。スイッチがオンになったときは、人任せにせず、自分で行くタイプですね。

――シーズンに向けて、どういう強みをアピールして、
   ファースト・ジャージーをつかみ取ろうと思っていますか。


飯山 
僕は、自分の足りない部分、弱点が本当に弱いので、その部分をまずは最低限のレベルに引き上げたい。そうやってスタートラインについて初めて、直線的に走る強みを出せると思います。ヘッドコーチのピーター(・ラッセル)さんに評価してもらえるように、自分の強みをグラウンドで表現したいですね。それが、試合に出るための道筋だと思います。

金村 
自分が目指すポジションは10番、12番ですから、まずチームの特徴を知ることが大事でしょうね。選手1人ひとりがどういう特徴を持っているのかも理解しないといけない。この選手は早いタイミングでパスを欲しがるとか、ギリギリのタイミングでパスをもらって突っ込むのが好きだとか、それがわからないとポジションをつかむことは難しいと思います。
 それから、トップリーグでは、対戦相手の同じポジションに外国人選手が入ることが多いので、彼らに対してしっかりディフェンスして、止められるようになることが必要不可欠でしょう。ディフェンス力をもっと向上させる必要があると思います。大きな外国人選手を、当たり前のように倒さないと、チームから信頼を得られないでしょうね。だから、痛いプレーから逃げることなくやりきることが大切になる。そのためには体でぶつかるだけでは限界があると思いますから、ディフェンスやタックルのスキルをどんどん向上させる必要があります。

山崎 
今の自分は、ケガ人ですが、リハビリをしながらしっかり戦える体を作って、最高の状態で復帰することが、チームに対しての恩返しになると考えています。ですから、まずは外国人選手と戦っても負けないだけの体作りがテーマになります。それから、僕は昔から体が硬いので、リハビリ期間中に少しでも柔軟性を身につけられるようにしたいですね。
 プレー面では、入社したときに「ディフェンスを評価している」と言われたのですが、自分ではそこまでの自信を持てません。ですから、負傷中という今の状況を上手く使い、客観的にチームのプレーや先輩たちのさまざまなプレーを見て、自分のスキル向上に生かしたり、新しいスキルに挑戦したいと考えています。戦術面でも、さまざまなチームの約束事を、自分の頭にたたき込める時期だと思います。ケガが治ってグラウンドに立ったときに、「すいません、これどういうことですか?」というレベルでは、絶対にトップリーグでは通用しないでしょう。
 2月に肩を手術したのですが、シーズンが開幕する頃にはコンタクトもできるようになると思いますので、そのときには実際に練習や試合で体を当てて、頭だけでは理解できない部分を、自分の経験として積み上げたいですね。

金村 
今はスーパーラグビーの期間中ですが、シーズンになれば、スーパーラグビーでプレーした選手が相手になるでしょう。スピード感も、迫力も、これまでの相手とは全然違うと思います。体重が100キロで50メートルを6秒で走るような選手に対応しないといけないわけですが、まだそういう相手と実際にプレーしていないので、正直に言えば、わからない部分があります。こればかりは、実際に対戦しないことにはわかりませんから、少し不安ではあります。その分、これからの練習やプレシーズンマッチで、その部分を経験していきたいと思います。

――どうも、ありがとうございました。



【新人座談会 FW編はこちら


 

 

アーカイブ