2016年度勇退選手のメッセージ・贈る言葉 - 櫻井 朋広 -

info_category3.gif2017/03/03


 
グリーンロケッツでの一番の思い出は?
  ・2011年度第6節、24-19で勝利した東芝戦。
 味方選手の身体を張り続ける姿を見て、プレー中に鳥肌が立ちました。
・小学校から後を追ってきた首藤さんとプレーできたこと。
 
「NECグリーンロケッツ」はどのようなチームでしたか?
  気持ちの強い選手が集まったチーム。
 
 ◆ チームメイトへのメッセージ
  NECラグビー部に在籍して一番良かったことは、良い先輩・同期・後輩に恵まれたことです。練習中は気持ちが高ぶり、揉めることも多々ありましたが、ラグビーに対して熱くなることができ、とても楽しかったです。
私がここまでラグビーに打ち込めたのは、NECの良い環境があったからだと思います。
現役の皆さんにはこれからも泥臭く、ひたむきに頑張ってもらいたいと思います。
 
ファンの方へのメッセージ
  7年間、応援していただき本当にありがとうございました。
ここまでラグビーに対してひたむきに取組むことができたのは、ファンの皆様のサポートがあったからです。大変感謝しております。
NECはこれからも皆様に勇気を与えられるように精進いたしますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。
 
櫻井朋広選手へ・瀧澤直選手から贈る言葉

       
 

サク、長い間お疲れさまでした、そしてありがとう。
 
俺は努力家とかそういう言葉はあまり好きではないけど、
もしその言葉を使うならサクにしか使えないのではないか思います。
そのくらい大学生の頃からサクがラグビーの為に生活するのを見てきたし、一緒にやっていて感じていました。
多くの人が賛成してくれるはずです。
サクに関する逸話といえば数えきれません。朝は早く、夜も早い。
パスは全部ダイビング。テレビはみない。箸は左手。食べ物基本蕎麦。すりおろしにんにく。脚をつる。ドクターヘリ。きれると怖い。etc。
でも、全てがラグビーのためであり、そんなサクから多くの刺激を受けたのは俺だけじゃないでしょう。
でも多くのことを我慢して犠牲にしてきたと思うので、少しくらいは自分を甘やかしてやってもいいんじゃない?ということで、
今度の誰かの結婚式では酒を飲みまくりましょう。期待してます。
 
休めと言っても休まなかったサクはこれからも動き続けるのだろうと思うけど、また次のステージでもサクらしく動き続けてください。楽しみにしてます。ありがとう!






アーカイブ