ルール紹介

ポジション紹介

ポジション紹介

ラグビーは、多人数で行う球技の一つです。そこには、体の大きい人、小さい人、足の速い人キック力のある人など、それぞれが自分の特徴を活かすことのできる「15」のポジションがあります。さあ、あなたにぴったりのポジションを探してみてください。でも、すべてのポジションに必要なものが一つあります。それは「勇気」です。

フォワード

フォワード

通常スクラムを組み、ラインアウトに並んで、ボールを獲得する8人のプレーヤー。

フロントロー

フロントロー

フロントローには、プロップとフッカーのポジションがあり、スクラムを組む時、相手側と組み合う最前列の3人のプレーヤーのことを言います。数年前まではフロントローといえば、スクラムの職人と呼ばれていましたが、近代ラグビーでは、フロントローにもバックス並の走力が要求されるようになり、15人の中でも、後ろの12人から尊敬を集める最前線を戦う鉄人たちです。

1.左プロップ Prop(PR)
スクラムの第1列目の左端のプレーヤー。フッカーを支えて、フッキングを助けます。ルースヘッドプロップとも言います。プロップとは支柱という意味。
2.フッカー Hooker(HO)
スクラムの第1列目の真中のプレーヤー。スクラムワークをリードし、スクラムに投げ入れられたボールを、フッキング(足で味方の方にかき出す)するプレーヤー。また、多くのチームにおいて、ラインアウトの際にボールを投げ入れるスローワー役を担います。
3.右プロップ Prop(PR)
スクラムの第1列目の右端のプレーヤー。スクラムでは前後左右をプレーヤーに囲まれる、まさにスクラムの支柱。タイトヘッドプロップとも言います。多くのチームにおいて「チーム一の重量選手」が担います。

セカンドロー

セカンドロー

スクラムを組む時の第2列目のプレーヤー。通常ロックと呼ばれます。「チーム一の長身選手」が担うことが多く、ラインアウトのジャンパーやキックオフのキャッチャーなどに活躍します。大きな選手の大きなプレーはチームを大いに鼓舞します。

4.左ロック Lock(LO)
フロントロー3人をしっかりと固めるために、スクラムの第2列を支える左側のプレーヤー。しめる(ロック)という名前がついているくらい、腕の締めを固くすることが重要です。
5.右ロック Lock(LO)
右側を支えるロック。機動力や跳躍力を求められる左ロックに比べ、右ロックの多くは、壁のような安定性、ブルドーザーのような推進力が求められます。

バックロー

バックロー

かつて3-2-3フォーメーションが主流の時代にスクラムの最後列を担った3人のプレーヤー。現代ラグビーの3-4-1フォーメーションでは、両端のプレーヤーが第2列に上がりますが今でもバックローと呼ばれます。

6.左フランカー Flanker(FL)
スクラムの両翼を支える左翼側のプレーヤー。側方部隊という意味。フォワードとしてぶつかり合い、バックスをサポートして走り合う、「チーム一忙しい」ポジション。
7.右フランカー Flanker(FL)
右翼側のフランカー。現代ラグビーでは、主としてボールがバックスにより展開されるオープンサイドと、その裏側のブラインドサイドとでフランカーの2人を使い分ける戦法もポピュラーです。
8.ナンバーエイト NO.8
その名の通り背番号8番を付けスクラムの最後尾に位置し、スクラムのコントロールをはじめ、攻撃、防御の中心となるプレーヤー。多くのチームにおいて「チーム一突進力のある」選手が担い、みずからトライを決めるチャンスも多い、フォワードの花形ポジションです。

バックス

バックス

スクラムハーフからフルバックまで、フォワード以外の7人のプレーヤーの総称。

ハーフバックス

ハーフバックス

フォワードとクォーターバックスとの間に位置するプレーヤーで、一般にはスクラムハーフとスタンドオフを指します。フォワードが獲得したボールをバックスの走り屋たちへ、さまざまな作戦と共に供給します。

9.スクラムハーフ Scrum Half(SH)
ハーフバックスの内、フォワードの近くに位置するプレーヤー。スクラムにボールを入れ、スクラム、ラインアウト、ラック、モールなどでフォワードが獲得したボールをバックスにパスし、フォワードとバックスのつなぎ役となります。如何なるボールでも一瞬のうちに捌く敏捷性とボールスキルそして、判断力が要求され、「体が小さくても、」活躍できるポジションです。
10.スタンドオフ Stand Off(SO)
ハーフバックスの1人。スクラムハーフとスリークォーターバックスの間に位置し、バックス攻撃の起点となるプレーヤー。俗に司令塔とも言われ、「チームの頭脳的存在」です。スクラムハーフからパスされたボールを、パス、キック、みずからラン、と試合を組み立てる力が要求されます。なぜかハンサムな選手が多い?

スリークォーターバックス

スリークォーターバックス

バックスラインの後方を構成するプレーヤー、内側に位置するプレーヤーをセンターTB、外側に位置するプレーヤーをウイングTBと呼びます。華麗なバックス攻撃の主役たちです。

11.左ウイング Wing Three-Quarter Backs(WTB)
翼の意味の通り、バックスラインの両翼の左端を担うプレーヤー。「チーム一の俊足」を生かして相手を抜き去りゴールを目指す、トライゲッターです。足が速く、左利きの選手には最適のポジションと言えましょう。
12.左センター Centre Three-Quarter Backs(CTB)
バックスラインの中央を担う左側のプレーヤー。バックス攻撃においては突破役、防御においてはタックルする機会が多く、攻守の要です。優れたハンドリングとスピードを駆使してウイングを生かす、最優秀「助演俳優」です。
13.右センター Centre Three-Quarter Backs(CTB)
バックスラインの中央を担う右側のプレーヤー。現代ラグビーでは、センターを相手とぶつける作戦(センタークラッシュ)が多く、ハンドリングやスピードだけでなく、強さも要求されます。
14.右ウイング Wing Three-Quarter Backs(WTB)
バックスラインの両翼の右端を担うプレーヤー。左ウイングと同様に速さに優れる人が多く、チームのトライを量産します。現代ラグビーではこの両ウィングが左右のポジションにこだわる事なく動き回ることのできる運動量を要求され、それが勝敗に大きく影響すると言われています。

フルバック

フルバック

15.フルバック Full Back(FB)
SOが攻撃時の司令塔であるならば、FBはディフェンス時の司令塔。バックスの最後尾に位置し、敵の司令塔(SO)の動きを瞬時に読み取る能力が求められ、前線に位置する味方プレーヤーにディフェンスの指示を出します。自らもタックル、キック処理とゴールラインを死守する様は正に「チームの守護神」。また、バックス攻撃においても頻繁にライン参加するなど、攻守にわたって重要な役割を果たします。

以上、「15」のポジションを見てきました。縁の下の力持ち風のポジションもあれば、華やかなスポットライトを浴びるスター風のポジションもあります。それがラグビーの最大の魅力でもあるのです。ラグビーは、「One for All, All for One(1人はみんなのために、みんなは1人のために)」の精神が息づく、すべてのプレーヤーを平等に尊ぶ競技なのです。

ルール紹介

ルール紹介

基本ルール

基本ルール

ラグビー(正式にはラグビーフットボール)は、下図フィールドを敵味方双方15人ずつで戦い、1つのボールを相手側インゴールに持ちこんで得点を競い合うスポーツです。競技時間は前半40分、後半40分の計80分間(ハーフタイムは10分間)。得点方法は下記の通りトライ、ゴール、ドロップゴール、ペナルティゴールの4種類になります。それをふまえた上での基本ルールは、次の3つです。

  1. ボールをパスする場合は、前へ投げてはならない。デッドボールラインに平行か、後方にパスをしなければならない。
  2. ボールを前進させる場合は、キックまたはボールを持って走るしかない。
  3. タックルはボール保持者に対してのみ行うことができる。

feeld.gif

知っておきたいプレーはコレだ!

知っておきたいプレーはコレだ!

【スクラム】
ノックオン、スローフォワード等、軽い反則に対しての権利。双方8人ずつ(フォワードプレーヤー)で体を密着して1つの塊で組むプレー。
【モール、ラック】
ボールを持ったプレーヤーが前進すれば、相手プレーヤーはタックルでそれを阻止。両チームのプレーヤーがボール獲得のために集まってきた際、ボールを持ったプレーヤーを中心に、立ったままの状態でボールを取り合うプレーをモール、グラウンドにあるボールを足のみで取り合うプレーをラックという。モール、ラック状態が長く続き、次のプレーが続行不可能とレフェリーが判断した場合、スクラムとなる。モールでは押し込みながらディフェンスラインを崩すドライビングモールが有効だが、ラックでは早い球出しが要求される。
【ラインアウト】
ボールがタッチラインの外に出ると、その地点でスローインが行われる。その際に両チームのプレーヤーが2列になってボールを奪い合うプレーをラインアウトという。スローインはボールを蹴り出した相手チームのプレーヤーによって行われるが、ペナルティキックがタッチラインの外に出た場合のスローインは味方ボールとなる。

忘れちゃ困るペナルティいろいろ

忘れちゃ困るペナルティいろいろ

(→は反則後の権利)

【オーバーザトップ】
モール、ラックの際、相手側に倒れ込んでボールが出るのを妨害する反則。
→ペナルティキック
【ピックアップ】
スクラムやラックの中にあるボールを拾い上げる反則。
→ペナルティキック
【ノットストレート】
スクラムおよびラインアウトの際、ボールの投げ入れがまっすぐでない場合の反則。
→スクラム
【ノックオン】
ボールがプレーヤーの手や腕から、または手や腕に当たって前方(敵陣方向)に落とす反則。
→スクラム
【スローフォワード】
ボールを前に投げる反則。
→スクラム
【ノットリリースザボール】
タックルされて倒されたプレーヤーは、プレーの続行が禁止されている。その際、プレーヤーがボールを手離さなかった場合の反則。
→ペナルティキック
【オフサイド】
ボールを持っているプレーヤーより前方にいるプレーヤーのプレーは禁じられている。その際、前方のプレーヤーがボールをプレーするか、相手を妨害するか、ボールをプレーしようとして待ち受けている相手プレーヤーの方向に近づくと反則。
→ペナルティキック

試合予定

[日時] 2017/12/03 13:00KO

[会場] 群馬・太田市運動公園陸上競技場

パナソニックワイルドナイツ