[トップリーグカップ ] vs 豊田自動織機シャトルズ

NECグリーンロケッツ vs 豊田自動織機シャトルズ
24 12 - 0 5
12 5
T G PG DG   T G PG DG
2 1 0 0 0 0 0 0
2 1 0 0 1 0 0
4 2 0 0 1 0 0 0
大会名 トップリーグカップ
日時 2019/07/13 16:30KO
会場 三重・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿サッカー・ラグビー場

comment

グリーンロケッツ、ボーナスポイントの勝利で豊田自動織機シャトルズに快勝!

試合前に降り出した雨が、時間の経過とともにどんどん強くなっていく。
必然的にお互いにハンドリングエラーの多い試合となり、ロースコアのゲームになる予感が漂う。
ところが、序盤に素早く先制したのはグリーンロケッツだった。
キックオフ後の蹴り合いから仕掛けた最初のカウンターアタックは、WTBロラギ・ビシニアがボールを持ち込んだところでノット・リリース・ザ・ボールの反則を取られたが、続く自陣のラインアウトからの防御で、ビシニアが“汚名返上”とばかりに豊田自動織機シャトルズのパスをインターセプト。
そのまま70メートルを独走して先制トライを挙げ、SO亀山宏大のコンバージョンで7―0と幸先良く滑り出した。
その後も、グリーンロケッツは、積極的にアタックを仕掛けようとするが、相手陣に入ったところでハンドリングエラーやペナルティを犯して、すぐに自陣に戻される。
アタックを仕掛ける手数では上回っているのに、前半のほとんどの時間を自陣で過ごすような状態だった。
13分過ぎには、キャプテンのFL亀井亮依が、豊田自動織機SOトゥシ・ピシのショートパントを自陣でチャージ。そのまま足に引っかけてハーフウェイラインを越え、亀山がつないでチャンスを膨らませたが、結果はペナルティでボールを失った。
29分にはNO8ハパクキ・リアヴァアがスクラムから単独サイドアタックで抜け出すが、今度はラックからの球出しでノックオン。
そんなもどかしさを振り払ったのは、前半終了間際の36分だ。
豊田自動織機が蹴ったドロップアウトのボールをカウンター。そこからCTBアマナキ・サヴィエティが何度も力強い突進を見せて前に進み、最後はCTB松浦康一がトライに仕留めてようやく待望の追加点を得た。亀山のコンバージョンはポストに当たって外れたが、12―0とリードしてハーフタイムを迎えた。

後半も似たような展開が続くが、グリーンロケッツは、立ち上がり5分に、カウンターアタックに出たピシをFB横山陽介とWTB釜池真道のコンビで倒して反則を誘い、22メートルラインを越えて攻め込んだ。
最初に組んだモールは豊田自動織機に上手く守られたが、粘り強く攻撃を継続。
9分には、5メートルスクラムからリアヴァアが突進。さらにラックからLO大石力也→リアヴィアと連続的にタテに攻め、最後はサヴィエティがゴールポストの根元にボールを押さえつけた。
亀山のコンバージョンも決まって19―0。
その後も我慢強く豊田自動織機のアタックを止め、得点を許さずにプレーを続け、26分には、やはり同じ5メートルスクラムからサヴィエティが突進。一度は左に攻めたが、横山が中央でタテに直進。FWの勢いを出して、最後はLOサナイラ・ワクァがトライを挙げた。
これで24―0としたグリーンロケッツは、終了直前に豊田自動織機に1トライを返されたが、トライ数4―1でボーナスポイントを獲得。総勝ち点を14に伸ばした。

≫現在の順位はこちら

トップリーグカップ 試合一覧

2019/06/22 マツダブルーズーマーズ ○ 43-12

2019/06/28 リコーブラックラムズ ○ 7-5

2019/07/06 近鉄ライナーズ ● 19-56

2019/07/13 豊田自動織機シャトルズ ○ 24-5

2019/07/19 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ● 26-47