[トップリーグカップ プール戦] vs パナソニック ワイルドナイツ

NECグリーンロケッツ vs パナソニック ワイルドナイツ
31 5 - 14 38
26 24
T G PG DG   T G PG DG
1 0 0 0 2 2 0 0
4 3 0 0 3 3 1 0
5 3 0 0 5 5 1 0
大会名 トップリーグカップ プール戦
日時 2018/11/11 13:00KO
会場 栃木・足利市総合運動公園陸上競技場

reserve

T G P D
16.gif 秋山哲平 ← 2 佐藤 耀(62分入替) 1 0 0 0
17.gif 瀧澤直 ← 1 前島 利明(57分入替) 0 0 0 0
18.gif 足立匠 ← 3 土井 貴弘(40分交代) 0 0 0 0
19.gif 田中章司 ← 5 廣澤 拓(64分入替) 0 0 0 0
20.gif 松村拓海 ← 6 権丈 太郎(54分入替) 0 0 0 0
21.gif 岡新之助タフォキタウ ← 9 山田 啓介(62分入替) 0 0 0 0
22.gif 亀山雄大 ← 14 竹中 祥(62分入替) 1 0 0 0
23.gif アマナキ・サヴィエティ ← 12 山崎 翔(57分入替) 0 0 0 0

comment

グリーンロケッツ、パナソニックに7点差で惜敗!

今季から新しくスタートしたトップリーグカップ。

プールBに属するグリーンロケッツは、グループステージの初戦に若手を多く起用。同じく若手を中心に起用したパナソニックと前半から激しく競り合った。

グリーンロケッツの健闘を支えたのはスクラム。パナソニックを押し込んでペナルティを獲得するなど、勝負どころでチームを支えた。

ただ、前半、10分過ぎからパナソニックのゴール前に攻め込みながらスコアできなかったことが後々まで響いた。特に14分にはHO佐藤耀がインゴールにボールを持ち込んだがダウンボールすることができず、5メートルスクラムに。さらに18分にはゴール前のスクラムを押し込みながらボールがこぼれ出て、チャンスを活かせない。

逆に22分にカウンターアタックからパナソニックにトライを奪われて0―7と先制された。

しかし、続くキックオフからプレッシャーをかけてパナソニックから反則を誘い、ラインアウトにするとモールを押し込んで佐藤がトライ。SO亀山宏大のコンバージョンが外れ、5―7と迫った。

グリーンロケッツは、パナソニックにもう1トライ奪われて5―14でハーフタイムを迎えた。

後半、先に得点したのはグリーンロケッツ。5分にスクラムからNO8ラトゥイラ・レプハが単独のサイド攻撃でトライを奪い、亀山のコンバージョンで12―14と2点差に迫った。

しかし、追撃ムードになったところでLOサム・ジェフリーズがイエローカードで10分間の退場に。パナソニック陣内に深く攻め込んだ場面でのイエローカードに亀井亮依キャプテンも「あれが痛かった」と振り返った。

果たしてそのペナルティからパナソニックにアタックを仕掛けられてトライを奪われ、また差を広げられる。

16分には、SH山田啓介が自陣ゴール前でパナソニックのノックオンを拾うと、そこから一気に98メートルを独走。ふたたび2点差に迫る。

しかし、パナソニックに1トライを奪われたあとの24分に、カウンターアタックを仕掛けたところでパスをインターセプトされ、決定的なトライを奪われて19―35と差を広げられた。

それでもグリーンロケッツは最後まで諦めず、終了直前に途中出場のHO秋山哲平がトライを奪い、右端からの難しいコンバージョンを亀山宏が決め、31―38に。

7点差以内負けの貴重な1ポイントを獲得した。

≫現在の順位はこちら

トップリーグカップ 試合一覧

2018/11/11 プール戦 パナソニック ワイルドナイツ ● 31-38

2018/11/18 プール戦 キヤノンイーグルス ● 7-17

2018/11/24 プール戦 日野レッドドルフィンズ ○ 73-0

2019/01/13 総合順位決定トーナメント① 豊田自動織機シャトルズ -

2019/01/19 総合順位決定トーナメント② -