[トップリーグ  ] vs トヨタ自動車ヴェルブリッツ

NECグリーンロケッツ vs トヨタ自動車ヴェルブリッツ
5 0 - 12 29
5 17
T G PG DG   T G PG DG
0 0 0 0 2 1 0 0
1 0 0 0 2 2 1 0
1 0 0 0 4 3 1 0
大会名 トップリーグ 
日時 2018/09/08 19:00KO
会場 東京・秩父宮ラグビー場

comment

グリーンロケッツ、立ち上がりのチャンスを活かせずに、トヨタに完敗!

前半、風上に立ったグリーンロケッツがキックオフを蹴り込んで試合が始まった。
トヨタは、WTBヘンリー・ジェイミーがボールを捕って走り出したが、これを倒してラックでボールを奪う。いきなりつかんだチャンスからグリーンロケッツは6フェイズにわたって波状攻撃を仕掛けたが、最後はサポートが届かず、孤立したところでノット・リリース・ザ・ボールの反則をとられた。
その後もグリーンロケッツは、いくつもチャンスを作り出したが、最後の詰めでミスが出てトライを奪えない。
それでも、気迫のこもった粘り強いディフェンスでトヨタと渡り合い、17分にはスクラムから仕掛けてフェイズを重ね。SH中嶋大希がラックサイドを突破。サポートにつないだが、ラックとなったところでボールがこぼれ出て、トヨタSH茂野海人に拾われ、一転してピンチに。
自陣に戻されたグリーンロケッツは、トヨタの圧力に反則も多くなり、なかなか脱出できない。そのまま25分、31分とトライを奪われ、前半を0―12で終えた。

後半立ち上がりも、グリーンロケッツはトヨタに攻め込まれたが、6分、トライ寸前のジェイミーをCTBマリティノ・ネマニが鬼のような形相で駆け戻り、タッチに押し出す。
これを素早く仕掛けてピンチを脱出。ようやくトヨタ陣内に攻め込んだ。
しかし、アタックに転じたところでミスが連続してチャンスを作り出せず、逆に15分にジェイミーに2つ目のトライを奪われる。
しかも、ネマニが、ラストパスを放ったトヨタFBジオ・アプロンにレイトタックルを見舞ってシンビンに。風下の苦しい時間帯に、さらに苦境に立たされた。
さらに24分には、交代したばかりのSH木村友憲が故意の反則でイエローカードをもらってグリーンロケッツは13人に。
ここでトライを追加されてスコアは0―26と大きく引き離された。
29分にはNO8ジョージ・リサレの突進からチャンスをつかみ、ゴール前のラインアウトからモールを組んだが押し切れず、スコアボードに得点を刻むことができない。
ようやく32分に、モールを押し込んで途中出場のFL権丈太郎が意地のトライを返し、一矢報いるのがやっとだった。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2018/09/01 豊田自動織機シャトルズ ● 8-9

2018/09/08 トヨタ自動車ヴェルブリッツ ● 5-29

2018/09/15 宗像サニックスブルース ○ 24-15

2018/09/22 サントリーサンゴリアス -

2018/10/07 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス -

2018/10/13 日野レッドドルフィンズ -

2018/10/20 神戸製鋼コベルコスティーラーズ -

2018/12/01 総合順位決定トーナメント① -

2018/12/02 総合順位決定トーナメント① -

2018/12/08 総合順位決定トーナメント② -

2018/12/09 総合順位決定トーナメント② -

2018/12/15 総合順位決定トーナメント③ -