[トップリーグ  ] vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

NECグリーンロケッツ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
12 0 - 21 29
12 8
T G PG DG   T G PG DG
0 0 0 0 3 3 0 0
2 1 0 0 1 0 1 0
2 1 0 0 4 3 1 0
大会名 トップリーグ 
日時 2017/09/08 19:30KO
会場 東京・秩父宮ラグビー場

reserve

T G P D
16.gif 秋山哲平 ← 2 臼井 陽亮(72分入替) 0 0 0 0
17.gif 榎真生 ← 1 瀧澤 直(63分入替) 1 0 0 0
18.gif 土井貴弘 ← 3 田中 光(50分入替) 0 0 0 0
19.gif サナイラ・ワクァ ← 5 山田 龍之介(34分交代) 0 0 0 0
20.gif アダム・トムソン ← 8 ジョージ ・リサレ(31分入替) 0 0 0 0
21.gif リーカドゥ ← 9 木村 友憲(50分入替) 0 0 0 0
22.gif 亀山宏大 ← 12 アマナキ ・サヴィエティ(72分入替) 0 0 0 0
23.gif 釜池真道 ← 13 マリティノ ・ネマニ(34分入替) 0 0 0 0

comment

試合の入りは最悪だった。
神戸製鋼が蹴ったキックオフのボールを確保したモールで圧力をかけられていきなり相手ボールのスクラムに。そこから分厚くフェイズを重ねられて、4分に神戸製鋼CTB重一生に先制トライを奪われた。
すぐ反撃したいグリーンロケッツは、9分に自陣で相手ラインアウトを奪うと、NO8ジョージ・リサレが鋭く突破。左に展開してFB吉廣広征が大きくゲインして、連続攻撃に持ち込んだ。しかし、12分、ハーフウェイラインを越えて左サイドにボールを運んだところで、神戸製鋼CTB山中亮平にパスをインターセプトされてゴールラインまで走られた。15分にもマイボールのラインアウトを失い、そこからの連続攻撃でトライを奪われ、スコアを0―21と大きく離された。
その後もグリーンロケッツは、神戸製鋼の猛攻にさらされたが、これ以上の失点は許さないと防御で健闘。38分には神戸製鋼SHアンドリュー・エリスがフリーキックを自ら蹴ってインゴールに飛び込んだが、必死に手をさしのべ、TMOの末にトライは認められず。その後のスクラムからのアタックもしのぎ、ノックオンを誘って自陣から攻めた。
前半終了を告げるホーンのなかで始まったグリーンロケッツのカウンターアタックは、ハーフウェイラインを越え、SO森田洋介のパスを受けた吉廣が大きく突破。右に走り込むWTB後藤輝也目がけてキックパスを蹴ったが、無情にもバウンドが合わずにタッチに。ここで前半が終了した。
後半、グリーンロケッツは、立ち上がりにカウンターアタックからチャンスをつかみ、右タッチライン際でFL細田佳也が相手を引きつけて後藤にパス。後藤がトライを目指して独走したが、最後に捕まり、連続攻撃に。しかし、このチャンスも、ミスが出て活かせない。
待望のトライが生まれたのは、後半12分。
ラインアウトのこぼれ球を拾ったHO臼井陽亮が力強く前に出てチャンスを作り、ラックからパスを受けた細田が突破。右にサポートした吉廣がインゴールまで駆け抜けた。
その後、1PGを与えたものの、神戸製鋼のアタックを守り続けたグリーンロケッツだったが、30分についにトライを奪われて万事休す。
グリーンロケッツも、36分にゴール前のモールを押し込み、途中出場のPR榎真生が意地のトライを返したが、反撃もそこまで。神戸製鋼のボーナスポイントを防ぐのが精一杯だった。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2017/08/19 東芝ブレイブルーパス ● 0-20

2017/08/26 コカ・コーラレッドスパークス ○ 48-12

2017/09/02 豊田自動織機シャトルズ ○ 42-26

2017/09/08 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ● 12-29

2017/09/23 宗像サニックスブルース ○ 29-17

2017/09/29 リコーブラックラムズ -

2017/10/08 ヤマハ発動機ジュビロ -

2017/10/15 クボタスピアーズ -

2017/10/21 近鉄ライナーズ -

2017/12/03 パナソニックワイルドナイツ -

2017/12/09 サントリーサンゴリアス -

2017/12/16 キヤノンイーグルス -

2017/12/24 NTTドコモレッドハリケーンズ -