[トップリーグ  ] vs 豊田自動織機シャトルズ

NECグリーンロケッツ vs 豊田自動織機シャトルズ
42 35 - 12 26
7 14
T G PG DG   T G PG DG
5 5 0 0 2 1 0 0
1 1 0 0 2 2 0 0
6 6 0 0 4 3 0 0
大会名 トップリーグ 
日時 2017/09/02 13:00KO
会場 北海道・月寒屋外競技場(ラグビー場)

reserve

T G P D
16.gif 秋山哲平 ← 2 臼井 陽亮(67分入替) 0 0 0 0
17.gif 榎真生 ← 1 瀧澤 直(67分入替) 0 0 0 0
18.gif 土井貴弘 ← 3 田中 光(49分入替) 0 0 0 0
19.gif ラトゥイラレプハ ← 6 亀井 亮依(64分入替) 0 0 0 0
20.gif アダム・トムソン ← 8 ジョージ ・リサレ(49分入替) 0 0 0 0
21.gif リーカドゥ ← 9 木村 友憲(59分入替) 0 0 0 0
22.gif 亀山宏大 0 0 0 0
23.gif 釜池真道 ← 11 竹中 祥(64分入替) 0 0 0 0

comment

グリーンロケッツ、豊田自動織機から6トライで快勝も、ボーナスポイントは獲得できず!

NECグリーンロケッツは、この試合がトップリーグ100キャップの記念試合となるHO臼井陽亮を先頭にピッチに入場。豊田自動織機シャトルズとの必勝を期したゲームに臨んだ。
立ち上がり、豊田自動織機のドロップアウトからのボールをNO8ジョージ・リサレがスーパーキャッチしてチャンスを作る。左に展開してPR瀧澤直キャプテンが相手のタックルをこらえて踏みとどまったところにWTB後藤輝也がトップスピードで走り込んでそのまま突破。5分の先制トライに結びつけた。
さらに8分には、リサレの猛タックルで相手ボールを奪い、SO森田洋介が相手の背後にキック。そこにFB松浦康一がいいスピードで走り込んでマイボールにし、FL大和田立のトライに結びつけた。
15分には、反則が続いて自陣に押し込まれてトライを奪われたが、23分には100キャップの臼井がラインブレイク。そこからWTB竹中祥がトップリーグ初トライ。34分にも後藤の快走からCTBマリティノ・ネマニがトライを奪って豊田自動織機を大きくリードした。
しかし、前半終了直前にゴール前のスクラムからトライを奪われ、5トライを奪いながら、ボーナスポイントぎりぎりの3トライ差でゲームを折り返した。
後半、グリーンロケッツは豊田自動織機のキックオフリターンにプレッシャーをかけてターンオーバー。フェイズを重ねて攻めたが仕上げのアタックでオブストラクションの反則。逆に豊田自動織機にトライを奪われ、3トライ差が2トライ差に。しかも、9分には臼井がゴール前の攻防でハイタックルをとられ、TMOでシンビンになる。FWが7人となったグリーンロケッツに、豊田自動織機はスクラム勝負を挑む。4度の組み直しを耐えたグリーンロケッツは、18分にはターンオーバーから反撃に転じ、この10分間を守り切った。
何とかボーナスポイント獲得したいグリーンロケッツは、20分過ぎから長く相手陣でアタックを続けるが、ゴールライン直前でミスが続いて決定機を活かせない。ようやく36分に相手のミスを奪ってネマニがトライを決め、森田がパーフェクトとなる6つめのコンバージョンを決めて42―19と突き放した。
しかし、これで2試合続けてボーナスポイント獲得かと思いきや、終了直前に痛恨の1トライを奪われて勝ち点は4止まり。それでも、前節に続いての快勝で総勝ち点を9に伸ばした。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2017/08/19 東芝ブレイブルーパス ● 0-20

2017/08/26 コカ・コーラレッドスパークス ○ 48-12

2017/09/02 豊田自動織機シャトルズ ○ 42-26

2017/09/08 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ● 12-29

2017/09/23 宗像サニックスブルース ○ 29-17

2017/09/29 リコーブラックラムズ -

2017/10/08 ヤマハ発動機ジュビロ -

2017/10/15 クボタスピアーズ -

2017/10/21 近鉄ライナーズ -

2017/12/03 パナソニックワイルドナイツ -

2017/12/09 サントリーサンゴリアス -

2017/12/16 キヤノンイーグルス -

2017/12/24 NTTドコモレッドハリケーンズ -