[トップリーグ  ] vs コカ・コーラレッドスパークス

NECグリーンロケッツ vs コカ・コーラレッドスパークス
48 24 - 7 12
24 5
T G PG DG   T G PG DG
4 2 0 0 1 1 0 0
3 3 1 0 1 0 0 0
7 5 1 0 2 1 0 0
大会名 トップリーグ 
日時 2017/08/26 16:30KO
会場 埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

reserve

T G P D
16.gif 秋山哲平 ← 2 臼井 陽亮(57分入替) 1 0 0 0
17.gif 榎真生 ← 1 瀧澤 直(65分入替) 0 0 0 0
18.gif 土井貴弘 ← 3 田中 光(54分入替) 0 0 0 0
19.gif 亀井亮依 ← 5 権丈 太郎(54分入替) 0 0 0 0
20.gif ラトゥイラレプハ ← 8 ジョージ・ リサレ(61分入替) 0 0 0 0
21.gif リーカドゥ ← 9 木村 友憲(57分入替) 0 0 0 0
22.gif 亀山宏大 ← 12 ジョーダン・ ペイン(62分入替) 0 0 0 0
23.gif 釜池真道 ← 11 竹中 祥(61分入替) 0 0 0 0

comment

積極的に前に出て低く突き刺さるタックル。しっかり組んで相手を押し込むモールとスクラム。「原点回帰」と形容したくなるほど泥臭く、グリーンロケッツは前半を戦った。

8分にラインアウトのモールを一気に25メートル押し込むとNO8ジョージ・リサレがトライ。15分にも、リサレがモールからサイドを衝いて2つめのトライを挙げた。19分にはWTB後藤輝也が、ラックサイドの狭いスペースを駆け抜けてトライを追加し、17―0とリードした。

ところが、25分を過ぎた辺りから細かいミスが出始めてコカ・コーラに押し込まれる場面が続く。34分には、コカ・コーラNO8ジョセフ・トゥペに大きく突破されてトライを許し、7点を返された。

嫌な流れになりかけた前半の終盤。グリーンロケッツはラインアウトからアタックを継続。CTBマリティノ・ネマニのラインブレイクをFL大和田立がサポートしてゴールラインに攻め込み、最後は後藤が走り切ってトライを追加。24―7とボーナスポイントが望めるスコアでハーフタイムを迎えた。

後半は、立ち上がり3分にコカ・コーラにトライを奪われ、その後も自陣に押し込められての長い防御が続いた。しかし、13分、大外で守っていた後藤が思いきって前に出て相手パスをインターセプト。そのまま約80メートルを独走して、嫌な流れを逆流させた。

20分にも、自陣のターンオーバーからボールを受けたネマニがまたもや独走トライ。前半とは打って変わり、我慢の防御から一気呵成のトライという展開で勝利をたぐり寄せた。

26分には途中出場のHO秋山哲平が嬉しい初トライを挙げ、計7トライ。ボーナスポイントもがっちりと獲得して初勝利を挙げた。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2017/08/19 東芝ブレイブルーパス ● 0-20

2017/08/26 コカ・コーラレッドスパークス ○ 48-12

2017/09/02 豊田自動織機シャトルズ ○ 42-26

2017/09/08 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ● 12-29

2017/09/23 宗像サニックスブルース ○ 29-17

2017/09/29 リコーブラックラムズ -

2017/10/08 ヤマハ発動機ジュビロ -

2017/10/15 クボタスピアーズ -

2017/10/21 近鉄ライナーズ -

2017/12/03 パナソニックワイルドナイツ -

2017/12/09 サントリーサンゴリアス -

2017/12/16 キヤノンイーグルス -

2017/12/24 NTTドコモレッドハリケーンズ -