[トップリーグ  ] vs 東芝ブレイブルーパス

NECグリーンロケッツ vs 東芝ブレイブルーパス
0 0 - 13 20
0 7
T G PG DG   T G PG DG
0 0 0 0 1 1 2 0
0 0 0 0 1 1 0 0
0 0 0 0 2 2 2 0
大会名 トップリーグ 
日時 2017/08/19 16:00KO
会場 東京・秩父宮ラグビー場

reserve

T G P D
16.gif 秋山哲平 ← 2 臼井 陽亮(63分入替) 0 0 0 0
17.gif 榎真生 ← 1 瀧澤 直(68分入替) 0 0 0 0
18.gif 土井貴弘 ← 3 田中 光(49分入替) 0 0 0 0
19.gif 亀井亮依 ← 6 細田 佳也(40分交代) 0 0 0 0
20.gif ラトゥイラレプハ ← 5 権丈 太郎(61分入替) 0 0 0 0
21.gif リーカドゥ ← 9 木村 友憲(61分入替) 0 0 0 0
22.gif 亀山宏大 ← 10 森田 洋介(66分入替) 0 0 0 0
23.gif 釜池真道 ← 15 吉廣 広征(63分入替) 0 0 0 0

comment

雷雨による中断も味方せず、グリーンロケッツ開幕戦を白星で飾れず!

開幕戦に新しいジャージーで臨んだグリーンロケッツは、5分に1PGを先制されたものの、10分過ぎにはSO森田洋介とCTBジョーダン・ペインのループがきれてに決まり、WTB竹中祥を走らせてチャンスをつかんだ。しかし、東芝陣10メートルライン付近のラインアウトからのアタックで、防御の背後を狙った森田のキックを、東芝FBコンラッド・バンワイクがカウンターアタック。そのまま抜け出してWTB宇薄岳央につなぎ、15分に痛いトライを奪われた。
その後も、突然の夕立ちのなかで東芝の攻勢が続いたが、グリーンロケッツも良く守り、1PGに失点を抑えて13点差で試合を折り返した。
ところが、ハーフタイムの間に秩父宮ラグビー場は猛烈な豪雨と雷に襲われて試合は中断。約1時間半の長い“ハーフタイム”を挟んで後半が開始されることになった。
後半、グリーンロケッツは7分にCTBマリティノ・ネマニが危険なタックルでイエローカードを出され、さらに3分後にもLO権丈太郎が故意の反則でシンビンに。13人となったピンチをしのぐことができず、
モールを押し込まれてトライを奪われた。
16分には奮起したFWが東芝ゴール前で相手ボールのスクラムを押し込んでターンオーバーしてアタック。東芝の反則を誘い、スクラム勝負を挑んだ。しかし、気合いが空回りしてレフェリーの合図よりも早く組んでペナルティを取られて、チャンスを失った。
その後もグリーンロケッツはチャンスを作り、東芝ゴール前まで攻め込むが、ペナルティでチャンスを生かせない。33分には途中出場のCTB釜池真道のブレイクからチャンスをつかみ、ゴールラインまであと15メートルの位置でペナルティをスクラムに選択。今度は東芝の反則を誘って攻めたが、ラックでノット・リリース・ザ・ボールの反則を取られてゴールラインを越えられない。
そのまま0―20で開幕戦を落とした。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2017/08/19 東芝ブレイブルーパス ● 0-20

2017/08/26 コカ・コーラレッドスパークス ○ 48-12

2017/09/02 豊田自動織機シャトルズ ○ 42-26

2017/09/08 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ● 12-29

2017/09/23 宗像サニックスブルース -

2017/09/29 リコーブラックラムズ -

2017/10/08 ヤマハ発動機ジュビロ -

2017/10/15 クボタスピアーズ -

2017/10/21 近鉄ライナーズ -

2017/12/03 パナソニックワイルドナイツ -

2017/12/09 サントリーサンゴリアス -

2017/12/16 キヤノンイーグルス -

2017/12/24 NTTドコモレッドハリケーンズ -