[トップリーグ  ] vs Honda HEAT

NECグリーンロケッツ vs Honda HEAT
41 17 - 14 21
24 7
T G PG DG   T G PG DG
2 2 1 0 2 2 0 0
3 3 1 0 1 1 0 0
5 5 2 0 3 3 0 0
大会名 トップリーグ 
日時 2017/01/08 11:30KO
会場 東京・秩父宮ラグビー場

reserve

T G P D
16.gif 佐藤耀 ← 2 川村 慎(80分入替) 0 0 0 0
17.gif 猪瀬佑太 ← 1 瀧澤 直(80分入替) 0 0 0 0
18.gif 土井貴弘 ← 3 田中 光(55分入替) 0 0 0 0
19.gif 権丈太郎 ← 7 村田 毅(34分交代) 0 0 0 0
20.gif ジョージ・リサレ ← 8 スコット・ ヒギンボッサム(44分交代) 0 0 0 0
21.gif 櫻井朋広 ← 9 茂野 海人(79分入替) 0 0 0 0
22.gif 森田洋介 ← 12 アマナキ・ サヴィエティ(79分入替) 0 0 0 0
23.gif 釜池真道 ← 14 竹中 祥(59分交代) 0 0 0 0

comment

グリーンロケッツ、ホンダを破るもボーナスポイント獲得のチャンスを逃す!

前半の入りは最高だった。
グリーンロケッツは、ホンダのアタックをしっかりと守り、苦し紛れのキックをWTB竹中祥がカウンターアタック。続くラックからSH茂野海人が抜け出し、それをNO8スコット・ヒギンボッサムがサポート。さらにFWで細かくつないでヒギンボッサムが先制トライを挙げた。

8分にはゴール前のスクラムから連続攻撃。CTBアマナキ・サヴィエティがトライを追加。いずれもSO田村優がコンバージョンに成功し、14―0とリードした。
さらに相手陣で試合を進めたグリーンロケッツだったが、20分過ぎに迎えた相手ゴール前でのチャンスを逃すと、試合は一転してホンダのペースに。2トライ(いずれもコンバージョン成功)を奪われて、同点に追いつかれた。それでも、40分に田村がPGを決め、17―14とリードして試合を折り返した。

後半も、グリーンロケッツは、8分にCTBジョーダン・ペイン、10分にWTB後藤輝也がトライを奪い、31―14とリードを広げ、相手に3トライ差以上つけた場合に獲得できるボーナスポイントに王手をかけた。

しかし、直後の12分にトライを奪われて波に乗れない。

終了間際に田村がPGを追加し、さらにはLO廣澤拓のインターセプトからペインがトライ(コンバージョン成功)を挙げて41―21と勝利は揺るがなかったものの、5ポイント獲得できるチャンスを逸して試合が終了した。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2016/08/27 リコーブラックラムズ ● 20-23

2016/09/02 東芝ブレイブルーパス ● 8-25

2016/09/09 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス ● 15-33

2016/09/17 豊田自動織機シャトルズ ○ 23-7

2016/10/01 トヨタ自動車ヴェルブリッツ ○ 22-17

2016/10/08 パナソニックワイルドナイツ ● 26-51

2016/10/15 サントリーサンゴリアス ● 14-33

2016/10/23 クボタスピアーズ △ 15-15

2016/10/29 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ○ 38-24

2016/12/03 近鉄ライナーズ ○ 38-31

2016/12/10 ヤマハ発動機ジュビロ ● 5-47

2016/12/18 キヤノンイーグルス ● 21-45

2016/12/24 コカ・コーラレッドスパークス ○ 27-3

2017/01/08 Honda HEAT ○ 41-21

2017/01/14 宗像サニックスブルース ● 24-26