[トップリーグ  ] vs ヤマハ発動機ジュビロ

NECグリーンロケッツ vs ヤマハ発動機ジュビロ
5 0 - 19 47
5 28
T G PG DG   T G PG DG
0 0 0 0 3 2 0 0
1 0 0 0 4 4 0 0
1 0 0 0 7 6 0 0
大会名 トップリーグ 
日時 2016/12/10 13:00KO
会場 静岡・ヤマハスタジアム

reserve

T G P D
16.gif 川村慎 ← 2 臼井 陽亮(56分入替) 0 0 0 0
17.gif 猪瀬佑太 ← 1 瀧澤 直(65分入替) 0 0 0 0
18.gif 土井貴弘 ← 3 田中 光(56分入替) 0 0 0 0
19.gif ニック・ロス ← 5 廣澤 拓(56分入替) 0 0 0 0
20.gif 村田毅 ← 8 スコット・ ヒギンボッサム(56分入替) 1 0 0 0
21.gif 櫻井朋広 ← 9 茂野 海人(72分入替) 0 0 0 0
22.gif 森田洋介 ← 10 サム・ ノートンナイト(57分入替) 0 0 0 0
23.gif アマナキ・サヴィエティ ← 13 釜池 真道(63分入替) 0 0 0 0

comment

グリーンロケッツ、首位のヤマハに完敗。連勝止まる!

強い風が吹くコンディションのなか、前半風下に回ったグリーンロケッツは、立ち上がり、粘り強い防御でヤマハの猛攻に耐えた。懸念されたスクラムも五分に組み、ゴール前のラインアウトでも、モールからのトライを許さない。しかし、13分、自陣ゴール前のスクラムでヤマハがサイドアタック。スクラムに集中していたグリーンロケッツは一瞬反応が遅れて、CTBヴィリアミ・タヒトゥアにトライを許す。
17分にもトライを奪われたグリーンロケッツは、何とか前半を12点差で折り返そうと懸命に粘ったが、終了間際にトライを追加され、0―19でハーフタイムを迎えた。
後半立ち上がり、風上に立ったグリーンロケッツは分厚い連続攻撃でヤマハ陣内に攻め込み、ボールを継続する。しかし、FB吉廣広征がボールを落とし、そこからヤマハに反撃される。両チームともに攻め続けた攻防は5分以上も続き、6分にヤマハが、長い長いノーホイッスルトライで締めくくった。
グリーンロケッツは10分に相手陣に深く攻め込んだところでボールを奪われる。そのとき、選手たちがセルフジャッジで一瞬立ち止まり、その間隙を突かれて自陣に戻される。そしてトライを奪われて、勝負はついた。
後半途中から今季初めての出場となったFL村田毅が33分にトライを返して意地を見せたが、その後も失点は続き、5―47で試合を終えた。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2016/08/27 リコーブラックラムズ ● 20-23

2016/09/02 東芝ブレイブルーパス ● 8-25

2016/09/09 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス ● 15-33

2016/09/17 豊田自動織機シャトルズ ○ 23-7

2016/10/01 トヨタ自動車ヴェルブリッツ ○ 22-17

2016/10/08 パナソニックワイルドナイツ ● 26-51

2016/10/15 サントリーサンゴリアス ● 14-33

2016/10/23 クボタスピアーズ △ 15-15

2016/10/29 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ○ 38-24

2016/12/03 近鉄ライナーズ ○ 38-31

2016/12/10 ヤマハ発動機ジュビロ ● 5-47

2016/12/18 キヤノンイーグルス ● 21-45

2016/12/24 コカ・コーラレッドスパークス ○ 27-3

2017/01/08 Honda HEAT ○ 41-21

2017/01/14 宗像サニックスブルース ● 24-26