[トップリーグ  ] vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

NECグリーンロケッツ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
38 32 - 12 24
6 12
T G PG DG   T G PG DG
4 3 2 0 2 1 0 0
0 0 2 0 2 1 0 0
4 3 4 0 4 2 0 0
大会名 トップリーグ 
日時 2016/10/29 14:00KO
会場 東京・秩父宮ラグビー場

reserve

T G P D
16.gif 川村慎 ← 2 臼井 陽亮(45分入替) 0 0 0 0
17.gif 榎真生 ← 1 猪瀬 佑太(62分入替) 0 0 0 0
18.gif 田中光 ← 3 土井 貴弘(48分入替) 0 0 0 0
19.gif 権丈太郎 ← 6 スコット・ ヒギンボッサム(54分入替) 0 0 0 0
20.gif 大和田立 ← 8 ジョージ・ リサレ(51分入替) 0 0 0 0
21.gif 櫻井朋広 0 0 0 0
22.gif 森田洋介 0 0 0 0
23.gif アマナキ・サヴィエティ ← 12 ジョーダン・ ペイン(65分入替) 0 0 0 0

comment

グリーンロケッツ、前半から神戸製鋼を圧倒! 嬉しい今季3勝目を秩父宮で挙げる!

完璧な前半だった。
立ち上がりこそ6分に神戸製鋼にトライを奪われたが、9分にはSH茂野海人がペナルティキックから速攻を仕掛けてFLスコット・ヒギンボッサムがトライ。SO田村優がコンバージョンを決めて、すぐに同点に追いついた。
続くキックオフからは、神戸製鋼CTBジャック・フーリーに直接ボールをキャッチされ、そのまま攻撃を連続されてトライを奪われたが、以後はディフェンスが引き締まり、神戸製鋼にトライを許さない。
田村が2本のPGを決めて13―12と逆転してからは完全にグリーンロケッツのペースとなり、29分にはカウンターアタックからWTB後藤輝也がトライ。32分には、ヒギンボッサムが相手のパスをカット。そのボールが、CTBジョーダン・ペインの手にすっぽりと入り、ペインが独走トライ。いずれも田村がコンバージョンを決めてさらにリードを広げる。
前半終了のホーンが鳴った直後には、スクラムからNO8ジョージ・リサレがサイドアタック。そこからノーミスでボールをつなぎ、最後はリサレが左隅に飛び込んで32―12と圧倒してハーフタイムを迎えた。
後半は、神戸製鋼が猛反撃。
立ち上がりにグリーンロケッツのゴール前でスクラムを押し込んでチャンスを作り、7分にトライを返し、さらに13分にもカウンターアタックからFBコディ・レイがトライを奪い、コンバージョンも決めて32―24。
8点差に迫られたグリーンロケッツは、18分に田村がPGを決めて突き放す。25分には、神戸製鋼陣内でスクラムを押し込んでペナルティキックを得ると、これも田村がPGに。38―24と14点差にリードを広げた。
勝利まで10分を切った30分過ぎには、FWが相手ボールのラインアウトを連続でターンオーバー。その後も、反則からゴールラインを背負って守る時間帯が続くが、厳しい防御でトライを許さない。
粘り強い防御で最後の時間帯をしのいだグリーンロケッツは、神戸製鋼からレギュラーシーズンでは10年ぶりに白星を奪った!

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2016/08/27 リコーブラックラムズ ● 20-23

2016/09/02 東芝ブレイブルーパス ● 8-25

2016/09/09 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス ● 15-33

2016/09/17 豊田自動織機シャトルズ ○ 23-7

2016/10/01 トヨタ自動車ヴェルブリッツ ○ 22-17

2016/10/08 パナソニックワイルドナイツ ● 26-51

2016/10/15 サントリーサンゴリアス ● 14-33

2016/10/23 クボタスピアーズ △ 15-15

2016/10/29 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ○ 38-24

2016/12/03 近鉄ライナーズ ○ 38-31

2016/12/10 ヤマハ発動機ジュビロ ● 5-47

2016/12/18 キヤノンイーグルス ● 21-45

2016/12/24 コカ・コーラレッドスパークス ○ 27-3

2017/01/08 Honda HEAT ○ 41-21

2017/01/14 宗像サニックスブルース ● 24-26