[トップリーグ  ] vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

NECグリーンロケッツ vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
15 15 - 20 33
0 13
T G PG DG   T G PG DG
2 1 1 0 2 2 2 0
0 0 0 0 1 1 2 0
2 1 1 0 3 3 4 0
大会名 トップリーグ 
日時 2016/09/09 19:30KO
会場 東京・秩父宮ラグビー場

reserve

T G P D
16.gif 川村慎 ← 2 臼井 陽亮(52分入替) 0 0 0 0
17.gif 猪瀬佑太 0 0 0 0
18.gif 榎真生 ← 3 土井 貴弘(69分入替) 0 0 0 0
19.gif 権丈太郎 ← 5 山田 龍之介(60分入替) 0 0 0 0
20.gif 土佐誠 ← 6 細田 佳也(60分入替) 0 0 0 0
21.gif 櫻井朋広 0 0 0 0
22.gif 松浦康一 ← 11 高平 祐輝(24分交代) 1 0 0 0
23.gif 亀山宏大 0 0 0 0

comment

グリーンロケッツ、後半を無得点に抑えられ、NTTコムに敗れて3連敗!

グリーンロケッツは、立ち上がりにNTTコムに防御を破られ、何とかトライを防いだものの、PGで先制を許した。しかし、次のキックオフから果敢にプレッシャーをかけて落球を誘い、ボールを奪って一気にゴール前へと攻め込む。CTB森田洋介が鋭く相手防御に挑みかかり、そこから出たボールをSO田村優が少しためて間合いを作り、FB吉廣広征にパス。吉廣が持ち込んだゴール前のラックから、最後は田村が潜り込むようにトライを挙げた。13分にもPGを追加し、8―3とリードした。その後、NTTコムのアタックに2連続トライを許し、さらにPGも決められて8―20と引き離されたが、36分には相手のノックオンを拾った森田が自陣から抜けだしてチャンスを作り、最後は高平祐輝から代わった松浦康一が嬉しい初トライを挙げ、田村のコンバージョンも決まって5点差に追い上げた。後半は、1PGを許した後、攻めるNTTコム、守るグリーンロケッツという図式でずっと推移。20分過ぎからのNTTコムのモール攻撃をよく守ったが、25分についにPGを追加され、点差は11点に開いた。何とか守りから反撃したいグリーンロケッツだが、31分にはバックスで外側を攻め落とされてトライを奪われ(コンバージョン成功)、ついにツーチャンスでも逆転できない18点差となった。グリーンロケッツは、終了直前に自陣から猛反撃したが、トライを奪えず、後半無得点のままで試合を終えた。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2016/08/27 リコーブラックラムズ ● 20-23

2016/09/02 東芝ブレイブルーパス ● 8-25

2016/09/09 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス ● 15-33

2016/09/17 豊田自動織機シャトルズ ○ 23-7

2016/10/01 トヨタ自動車ヴェルブリッツ ○ 22-17

2016/10/08 パナソニックワイルドナイツ ● 26-51

2016/10/15 サントリーサンゴリアス ● 14-33

2016/10/23 クボタスピアーズ △ 15-15

2016/10/29 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ○ 38-24

2016/12/03 近鉄ライナーズ ○ 38-31

2016/12/10 ヤマハ発動機ジュビロ ● 5-47

2016/12/18 キヤノンイーグルス ● 21-45

2016/12/24 コカ・コーラレッドスパークス ○ 27-3

2017/01/08 Honda HEAT ○ 41-21

2017/01/14 宗像サニックスブルース ● 24-26