[トップリーグ  ] vs パナソニックワイルドナイツ

NECグリーンロケッツ vs パナソニックワイルドナイツ
21 3 - 14 38
18 24
T G PG DG   T G PG DG
0 0 1 0 2 2 0 0
2 1 2 0 3 3 1 0
2 1 3 0 5 5 1 0
大会名 トップリーグ 
日時 2012/10/05 19:30KO
会場 東京・秩父宮ラグビー場

reserve

T G P D
川村慎 ← 2 臼井 陽亮(75分入替) 0 0 0 0
瀧澤直 ← 3 猪瀬 佑太(60分入替) 0 0 0 0
ニリ・ラトゥ ← 5 安田 知生(73分入替) 0 0 0 0
権丈太郎 ← 8 土佐 誠(70分入替) 0 0 0 0
西田創 ← 9 櫻井 朋広(75分入替) 1 0 0 0
森田洋介 ← 10 田村 優(70分入替) 0 0 0 0
山下祐史 ← 12 森田 茂希(60分入替) 0 0 0 0

comment

グリーンロケッツ、自陣での戦いを強いられてパナソニックに完敗

前半立ち上がりに守勢に回ったグリーンロケッツは、ラインアウトでのパナソニックのミスにつけこんでチャンスを作る。7分には、相手陣に深く入ったラインアウトからFWが前進。小刻みにラックを連取してから、SO田村優が相手防御の裏側に抜け出す。そして、トライへのラストパス……というところで、パナソニックCTBソニービル・ウィリアムズにボールを奪われてチャンスを逃がす。
再三好機を作りながら得点を奪えないグリーンロケッツは、20分のゴール前のスクラムからトライを奪われ、32分にも相手キックの処理ミスからトライを奪われて(いずれもゴール成功)、0―14と引き離された。36分には田村がPGを返したが、3―14でハーフタイムを迎えた。
後半、グリーンロケッツは田村の2PGで8分には9―14と5点差まで迫ったが、3分後にウィリアムズの個人技からパナソニックWTB山田章仁にトライ(ゴール)を奪われると流れが変わり、自陣で過ごす時間が長くなって、失点を大きくした。
終盤に意地で2トライは返したものの、グリーンロケッツは1ポイントも取れずに敗れた。

≫現在の順位はこちら

トップリーグ  試合一覧

2012/08/31 サントリーサンゴリアス ● 15-39

2012/09/08 トヨタ自動車ヴェルブリッツ ● 26-27

2012/09/16 近鉄ライナーズ ○ 21-17

2012/09/23 NTTドコモレッドハリケーンズ ○ 42-13

2012/10/05 パナソニックワイルドナイツ ● 21-38

2012/10/13 リコーブラックラムズ ● 19-36

2012/10/20 東芝ブレイブルーパス ● 33-48

2012/10/27 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ● 14-48

2012/12/02 九州電力キューデンヴォルテクス ○ 55-18

2012/12/08 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス ○ 29-6

2012/12/16 ヤマハ発動機ジュビロ ● 35-49

2012/12/22 キヤノンイーグルス ○ 34-0

2013/01/06 福岡サニックスブルース ○ 55-36