<<前へ

rss

【瀧澤】NZ便り No.6

投稿日時:2014/05/31(土) 08:25


みなさんこんにちわ。
 
光陰矢の如し。時が経つのは早いもので、私と櫻井の留学は残すところ
あと数日となりました。
 
しかし、最近、日本から約9000km離れたここニュージーランドにも
皆さんのある声が聞こえる気がします。
 
「あいつらは留学してるとか言ってるけど、本当にラグビーしてんのか?」
 
それに答えるために、今回は簡単に僕らの留学について説明させて
いただきます。

今更?

今更です。
 
まず、我々はIHPU(International High Performance Unit)という組織に
所属しています。この組織はSuper Rugbyの名門チームCrusadersと
密接な関係にあり、練習グランドやウエイトルームなどは基本的に同じ場所を
使っております。世界最高峰を目の前で見られる。贅沢ですねー。

基本的にはこのIHPUがプランニングして全てのトレーニングをしております。
トレーニング内容は日によって様々ですが、グランドに出る練習、ジムでウエイトや
カーディオ、ミーティングルームでセミナー(メンタルについて、栄養についてなど)などです。
だいたい、1日にそれぞれが一つずつある感じです。
 
それとは別に、それぞれがクラブチームに所属します。
このクラブラグビーのシステムがニュージーランドがラグビー王国たる所以と僕は
考えてます。このクライストチャーチには、12チームのトップクラブチームがあり、
僕はLinwoodというチームに、櫻井はBelfast、権丈さんはSydenhamに所属しております。

クラブチームには、地元の選手で仕事を終えてから夕方練習する選手や、
僕らのように海外から来てる選手、さらには試合の無いCrusadersの選手もたまに参加します。
あのリッチーマコウも長期休暇開けはクラブチームの試合をしてから復帰したりしてます。
※リッチーマコウ選手はNZ代表のキャプテンを務めるほどのスター選手です。
 
このクラブチームの練習が週2であり、土曜日は試合です。
試合はなんと、休み無しで毎週土曜日におこなわれ、プレシーズンの練習試合を合わせると、
僕はこの留学で10週連続試合です。

大まかですがこのような感じで過ごしてきました。
言葉だけでは非常に伝わりにくいですが、ちゃんとラグビーしてます。

今回は大真面目にお送りいたしました。
ふざけすぎて誰かに怒られたとかそういうのではございません。
 
次回予告!
最終回!?クライストチャーチ疲れたろう…僕も疲れたんだ。スペシャル!
 
それでは残り数日がんばります!
Stay tuned!!
 

櫻井レポート NO10

投稿日時:2014/05/30(金) 20:00


先週の土曜日にタッキーさんのチームと試合をしました!

試合には負けてしまいましたが、敵として試合をしたのは大学時代の
部内マッチ以来で、とても楽しめました。

タッキーさんは、スクラムとフィールドプレーで強さを前面に出し、
うちのチームにプレッシャーをかけ過ぎていて、敵だととても厄介だと
感じた試合でした。

留学も残りわずか。
クライストチャーチは朝の気温がマイナス5度まで下がっていますが、
最後まで頑張ります。
 

櫻井レポートNO9

投稿日時:2014/05/15(木) 08:30

『先週の土曜日に太郎さんのチームと試合をしました。結果は55-14で負けてしまいましたが、私のチームも今までで1番良い試合ができたと思います。




再来週はタッキーさんのチームと試合なので、気持ちを上げて頑張ります!
 

NZ便りNo.5

投稿日時:2014/05/14(水) 08:30

さてさて、前回の続きです。長いです。
その前に前回のあらすじ。
 
イースターホリデーを使ってクイーンズタウンに行くことになった。
 
はい、それだけですね。
 
そんなこんなで、一緒のところに留学している日本人計6人でクイーンズタウンへ行ってきました!
 
クライストチャーチから車で6時間くらいかかるのですが、道中ハプニング満載!!これに関しては僕の文章力では伝わらないので、聞きたい人は直接聞きにきてください。
 
さて、6時間かけてクライストチャーチにつき、そのままバックパッカーホテルにチエックイン!(経費削減)
早速噂のアミューズメントについてチェケラしようじゃないかと紹介所へ。
 
あっと、その前に。
僕たちは基本的にあまりクイーンズタウンの情報を持っていませんでした。景色とアミューズメントあるからなんとかなるっしょ、あとは聞けばいいっしょ。という感じで乗り込みました。
ただ、これだけは知っていたのです。
 
そこに、バンジージャンプがあるということだけは。
 
なになに?バンジージャンプを知らない?
 
(天の声)
説明しよう!
バンジージャンプとは、ビルや橋の上から命綱一本で飛び降りる、なんとも勇気のいるアトラクションなのだ。以上。
 
男、いや、漢たるもの、そこにバンジーある限り、飛ばないわけにはいきません。
 
紹介所へ入って、受付のお姉さんにビビってるのを悟られないようクールに、バンジージャンプともう一つアミューズメントの予約をしました。
 
ちなみにもう一つのアミューズメント(LUGE)がこちら。楽しそうですよね??


 
カートを使って斜面を滑り降りる、ゴーカートのようなものです。景色も最高で、スピードもかなり出て、みんなで競争するのはとても楽しかったです。
 
コースはこんな感じ


 
さてさて、予約の関係で次の日に持ち越しになったバンジージャンプ。もう1日生きた心地がしませんでした。
翌日、現場への移動の車中は、とても変な雰囲気。高さが43mと聞いて、ラグビーのグランドの半分よりは低いとか、今思うとわけのわからない例えをしながら、橋のある川へ。
 
外から見たらこういうところです。
ちなみにここはバンジージャンプ発祥の地と言われており、最も古いところらしいです。


 
ついてすぐ受付を済ませ、割と軽いノリでじゃあ向こうに行ってくださいと言われ、ジャンプ台へ促されます。その間も、続々と老若男女が橋から飛び降りております。それを見ながら順番を待っている間の不安度MAXな早稲田大出身四人組(NEC3人、コカコーラ有田選手)がこちら。

 
そしてついに自分の番がやってきました。言葉では伝わらないので、実際に飛んだ時の写真を一気にお見せいたします。瀧澤直27歳独身、漢になりました。
 
 
これが…
 

こうなって…(美しいフォーム!)

 
最後は逆さ吊りです。
 
飛んでみるとあっけないものでしたが、飛ぶ前の緊張と興奮、落ちている時に眼前に広がる美しい川が迫ってくる感覚は忘れられません。そして、終わった後は一皮剥けたように感じます。皆さんも是非一度お試しあれ!
 
 
今回はアミューズメントメインの話でしたが、食べ物や雰囲気や景色がとてもいいので、是非NZ南島へ訪れた際にはクイーンズタウンを訪問してくださいね。
 
それでは次回予告!
緊急特別捜査警察24時!
謎の組織IHPUに迫る!!
~あいつら本当にラグビーしてるのかスペシャル~
 
次回もお楽しみに!チャンネルはこのまま!stay tuned!
 
※長文にお付き合いいただきありがとうございました。
 

櫻井レポート NO8

投稿日時:2014/05/13(火) 08:30

『タッキーさんがクイーンズタウンについて書いているので、乗っかります。

この街はアクティビティーが豊富で、まずリュージュという乗り物で競争して楽しみました。


左から、ワリオ•クッパ•キノピオと名前がつけられ、結果キノピオが1番でした。




この街は景色も綺麗で、良いリフレッシュになりました!




次回、タッキーさんが吊り橋について語ってくれます。お楽しみに~
 

«前へ