新企画! 年代別座談会(3年目)

グリロケ企画 投稿日時:2018/03/05(月) 14:35rss

こんにちは
メディア委員の榎です!
今回は3年目の選手たちの座談会です!



今シーズンを振り返ってみて、どんなシーズンでしたか?

木村
1年目、2年目と公式戦に出場できずにいましたが、今シーズンはほぼ全試合出場することができました。
シーズンを通して試合に出ることで、多くのことを経験し、飛躍的に成長できた一年でした。
課題も多く見つかったのでしっかりレベルアップして来シーズンに臨みます。
  
宮島
今年は怪我に苦しみました。
手術やリハビリ中、人生で一番ラグビーをしたいという気持ちになりました。
その期間中にしか鍛えられないメンタル面では成長できたと思いますので、もう1度身体を作り直して、試合に出て気持ちの見えるプレーをしたいです。
同期で食事の場を多く設けられたことも気持ちの支えになりました。
オフシーズン中には温泉旅行に行きたいので運気の上がる場所を教えてください。(笑)

大石
去年・今年とメンバーが大きく変わり、個人的にはチャンスで勝負の年でしたが、大きな怪我をしてしまい長いリハビリ生活になりました。
本当に悔しい気持ちでいっぱいですが、糧になることも多くありました。リハビリ中に支えてくれた人たちに恩返しの意味でも、来シーズンはたくさん試合に出ます!
怪我でほとんど引きこもりの1年だったので、2018年はアクティブな年にもしたいです!

竹中
いいことも悪いこともあった年でした。
12年目は怪我に悩まされ、練習参加率が50%程度でした。まずは練習にしっかり参加するところから…という状態でしたが、今年は90%を超え、試合出場数の面から見ても1年目0試合・2年目2試合・3年目7試合と着実に増え、数字からもしっかり成長が見える年になりました。
しかし、試合に出場してもチャンスを生かすことができず、ポジション争いで負ける結果にもなってしまいました。
自分の長所を生かし、試合に出るために負けている部分は、この悔しい気持ちをバネに克服し、来シーズンではさらに成長したプレーをみなさんに見てもらいたいです。

入社してから感じたこと・変化はありましたか?

木村
仕事の面で確実に成長出来ていると思います。
仕事が忙しくなってきているが、それは信頼してもらっているということですし、当たり前のことかもしれませんが、職場にもラグビー活動を応援し支えてくれる人たちがいます。この恵まれた環境に感謝しながら、しっかり仕事をこなしてプレーして行きたいです。

宮島
入社してから自分の中でのラグビーに対しての情熱が強くなっています。
仕事は営業部に異動になりスタッフの手伝いもするようになってから、会社の中だけでなく外部の人と関わることが多くなり、改めてラグビーの認知度の低さを実感し、もっとメジャースポーツにしたいと思うようになりました。
なんとなく過ごしてしまっていた日々も、もっと考え動きながらラグビーというスポーツのためになることをして行きたいです。
何かイベントを考えている方はぜひ一緒にやりましょう!

大石
職場には試合に駆けつけ応援してくれる人たちもいて、支えてもらいながら毎日心地いい職場の中で仕事をさせてもらっています。
サラリーマンとラグビー選手という二足のわらじで練習時間などには限りがありますが、そのメリハリのおかげで大学時代よりもラグビーに集中出来るようになりました。
 
竹中
学生の時は一人暮らしでしたが、NECに入社してから寮での生活に変わり、より良い環境に入ったことで年を追うごとに自分の変化を感じることが出来ています。
毎年メンバーが変わり、一緒にラグビーをしていた人が減る寂しさはいつも大きいですが、新しい仲間が増える喜びや今の環境に感謝しながら選手としてより上を目指したいです。
 
来シーズンの目標を教えてください!

木村
ベスト4入り!!
 
宮島
怪我せずたくさんプレーする!
 
大石
1試合でも多く出場する!
目指せ体重100kg!
 
竹中
色々な面でできることを増やしたいです。
成長!

NECに入社してからの思い出を教えて下さい!

木村
チームイベントが大好きなのですが、今年は新人歓迎会に始まり、合宿中ずっと行われたチームゲームやBBQにクリスマス会など、チーム内で多くのイベントがあり楽しかったです。


宮島
バックスリー会(WTB/FB)がすごく楽しかったです。
みんなでお酒100杯!なんていうむちゃくちゃな催しがありましたが、すごく辛くてすごく楽しくチーム内での関係が深まったと思います。
ラグビーDAYでの女装コンテストが2年連続2位なので来年こそは優勝します!


大石
人生初の手術による引きこもり生活中にひたすらキングダム(漫画)を読んでいました。
セブンズで世界と戦えたこと、香港大会で大観衆の中での試合を経験出来たことは大きいです。


竹中
チームソーシャル委員として色々な企画を担当して、みんなが積極的に参加してくれたこと、それによってより良いものになったのが思い出です。
会社に入ってから買った漫画の冊数が500冊を超え、今まで見てきたアニメのタイトル数が200本を超えました。